【きょうのセール情報】Amazonで期間限定セールが開催中! RAVPowerのACプラグ搭載のモバイルバッテリーや急速チャージ対応の3ポート充電器がお買い得に

  • 5,570

  • Buy
  • author メディアジーンメディアコマース
【きょうのセール情報】Amazonで期間限定セールが開催中! RAVPowerのACプラグ搭載のモバイルバッテリーや急速チャージ対応の3ポート充電器がお買い得に
Image: Amazon.co.jp

こちらはメディアジーン コマースチームからの記事です。

Amazon(アマゾン)では、期間限定セールが多数開催されています。執筆現在、人気のRAVPowerのACプラグ搭載のモバイルバッテリーや急速チャージ対応の3ポート充電器がお買い得なセールを開催中です。

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更や売り切れの可能性もありますので、それぞれ販売ページでご確認ください(サイズやカラー選択も可能ですが、一部セール対象外のサイズ・カラーもありますので、販売ページでよくご確認ください)。

ACプラグ搭載のハイブリッドモバイルバッテリー! iSmart2.0によって電源供給も最適化

Image: Amazon.co.jp

モバイルデバイス全般に対応した製品を数多くリリースしているRAVPowerのモバイルバッテリー「RP-PB125」は、USB Type-Aポートを2つ搭載したAC充電器であると共に、6700mAhのモバイルバッテリーでもあるという、便利なハイブリッドチャージャーです。

RAVPowerといえば、デバイスへの最適な電源供給をコントロールする「iSmart 2.0」が特徴のひとつ。

デバイス2台を接続すると、それぞれに適した電圧(最大5V)と電流(ポート1つで最大2.4A、2つで最大3A)を調整し、同時に充電することが可能です。入力の低いBluetooth イヤホンなどへは、低電力モードで安全に充電ができますよ。

接続したデバイスのバッテリー状態を常時監視していますので、過電圧・過電流防止なども安心ですね。

Image: Amazon.co.jp

内蔵バッテリーへの充電は、折り畳み式のACプラグまたはmicro USB入力の2系統。

ACプラグ搭載の特徴をフルに活用することで、コンセントにさして充電器として使用している間にチャージもできます(接続したデバイスへの充電が優先に行われ、その後「RP-PB125」本体に充電がされます)。

そして、手近にコンセントがない場所では、モバイルバッテリーとして使用できるので、安心感の強いプロダクトですよね。

大きさ81×75×27ミリ・重量195グラムというコンパクトサイズなので、1つ持っておくだけでかなり役に立つのではないでしょうか?

AC入力は100~240V、50Hz/60Hzに対応していますから、国内・国外のどこにでも持っていけますね。

Image: Amazon.co.jp

製品保証は購入日から18ヶ月という長期で、その後に製品を登録すれば、さらにそこから12ヶ月の保証が追加されますので、長期に渡って、安心して使用できるのも嬉しいところ。

Image: Amazon.co.jp

あたたかさが増し、レジャーや旅行なども増えてくる季節にも活躍間違いなし! 一度使うとその便利さに手放せなくなるので、ぜひ試してみてくださいね。

コンパクトで90グラムの軽さがポイント! 急速チャージ対応の3ポート充電器

Image: Amazon.co.jp

「RP-PC094」は、モバイルバッテリーの機能こそありませんが、「RP-PB125」よりさらに小さい58×50×30ミリ、重さもさらに軽い90グラムという、超コンパクトなAC充電器です。

USB Type-Aポートを3つ備えていて、3台同時充電が可能。各ポート最大2.4A、3ポート合計でも最大6A(30W)という高出力を誇ります。

Image: Amazon.co.jp

カードとの比較画像で、どれだけ小さいかがよくお分かりいただけるかと思います。機能はシンプルですが、お馴染み「iSmart2.0」にももちろん対応しているので、電源供給もデバイスに合わせて最適化。

デバイス3台の同時充電でも出力コントロールや回路の保護がしっかり効いていますから、信頼感もありますね。

Image: Amazon.co.jp

そのほか、製品保証や海外対応などもRP-PB125と同様。

手のひらに隠れてしまうほど小さい、だけど機能面は充実しているRAVPowerのACチャージャー、手元に1つ確保しておくと安心ですよ。

Image: Amazon.co.jp

とにかく充電が必要なガジェットが溢れていると思うので、自宅でもオフィスでも、3台同時充電の恩恵は大きなものになるのではないでしょうか?

Source: Amazon.co.jp (1, 2)

あわせて読みたい

powered by