AppleのARグラスはもうすぐくる? iPhoneと連携するかも…

  • author 塚本直樹
AppleのARグラスはもうすぐくる? iPhoneと連携するかも…
AppleInsider

出たら即買いします。

Apple(アップル)によるARデバイスの噂はこれまでもありましたが、今回はかなり具体的。海外から、AppleがARグラスを2019年〜2020年に量産すると伝えられています。

著名アナリストのミンチー・クオ氏によれば、ARグラスの生産は2019年の第4四半期(10月〜12月)に予定されているものの、2020年第2四半期(4月〜6月)に遅れる可能性もあるそうです。また製品はiPhoneのアクセサリーとしてディスプレイのように動作し、iPhoneが計算や通信、室内や屋外でのポジション測定といった役割を担当するとしています。

iPhoneと連携する仕組みなら、ARグラスの価格が下げられるだけでなく、サイズや駆動時間などでもユーザーフレンドリーな機器が実現できそうです。気になるのはiPhoneの負担や通信方式ですが、最近のiPhoneは高性能ですし、多分大丈夫…ですよね?

以前にはBloombergが、AppleがARグラスを2020年に出荷すると伝えたことがあります。その報道では「T228」というプロジェクトにて、「rOS」を搭載した「スタンドアロン型のARヘッドセット」が開発されている、とされていました。今回の情報との違い(連携型か、スタンドアロン型か)は、Apple内部での計画変更を意味しているのかもしれません。

ヘッドセットといえば、先日には任天堂が『Nintendo Labo: VR Kit』発表したばかり。ゲーム機でもスマートフォンでも、VRやARの世界がさらに広がりそうです。


Soruce: 経済日報 via 9to5Mac

あわせて読みたい

powered by