ボストン・ダイナミクスの荷運びロボット、すごいけどやっぱり怖い。

  • 15,799

  • author 小暮ひさのり
ボストン・ダイナミクスの荷運びロボット、すごいけどやっぱり怖い。
Video: BostonDynamics / YouTube

うん、ちょっと怖い。

器用にドアノブを開ける犬型ロボットや、SASUKEに出そうな二足歩行ロボットなどなど。さまざまなロボットを開発して、ロボティクス分野の最先端を走っているボストン・ダイナミクス社。今回もまた、僕らの想像のちょっぴり斜め上を行くロボットがYouTubeにて公開されました。

その姿はまるで恐竜のようでもあり、水飲み鳥のようでもあります。または、火星で独自の進化を遂げたダチョウがいたら、こんな姿なのかもしれません。

Video: BostonDynamics / YouTube

そんな姿を持つコイツは2017年に発表された、車輪つきの足で動き高速移動できる「Handle」の亜種。いや、バージョンアップモデル。

荷運び用に開発されているモデルで、荷物の山の手前に設置されたマーカーを頼りに移動し、首についたロボットアームで箱を持ち上げ、器用にパレット上へと移動させています。なお、この箱の重量は約5kgですが、最大15kg程度までの荷物を扱えるように設計されているとか。結構な力持ちですね!

これ、実用化されたら物流の中でかなり活躍できそうじゃない? 動きもスムーズですし、荷物も高く積めますし、正確で安定していますし、すごい頼りになりそう!

…という感想を抱くと共に、動く姿を見ていると精神(こころ)の奥深くにちょっぴりの恐怖を感じるのは僕だけでしょうか…?

生き物っぽい動きなのに、無機質なところが、脳が上手くそれを認識できずにエラーを吐いているのでしょうかね? うまく言語化できなくて申し訳ないんだけど、夜道で出くわしたらおしっこ漏らすと思うの。

Source: YouTube

    あわせて読みたい

    powered by