ヒートアイランド現象に新アプローチ、建物の熱吸収を軽減する外壁塗料「The Coolest White」

  • author たもり
ヒートアイランド現象に新アプローチ、建物の熱吸収を軽減する外壁塗料「The Coolest White」
Image: Dezeen/YouTube

今年もつらい夏がやってくる。

毎年、夏になると都市部を襲うヒートアイランド現象を軽減させるため、オランダの設計事務所UNStudio(UNスタジオ)が開発したのは建築技法ではなく、ペンキ。スイスのペイント製造会社Monopol Colorsとともに開発したThe Coolest Whiteは、名前のとおり真っ白な外装塗料です。

Image: Dezeen/YouTube

ヒートアイランド現象とは都市部のみにみられる、人工的な構造物や排熱を要因として気温が上昇する現象。建物が太陽光の熱を吸収すると、室内の温度が上がるので、冷房を使うようになります。冷房を使えばエアコンから排熱があり、その排熱によってさらに気温が上がるという悪循環のこと。The Coolest Whiteは他のコーティングよりも太陽光を反射するため、室温やそれによる排熱といった前述のような太陽光の影響を軽減できるのです。

日光の影響に対してのコーティング材の抵抗力を示す、TSR(Total Solar Reflectance、総太陽光反射率)値という指標があります。1~100までの数値で、高ければ高いほど太陽光を反射して建物が吸収する熱の量を軽減するということになります。

濃い色に比べて白色の方が反射するわけですが、他の白色の塗料だとTSR値は70~75点のところを、The Coolest Whiteは80点以上をマーク。高い数値とはいえ白色を基準にしてるとあまり差がないように思えますが、15~35点をさまよう暗い色の塗料と比べると差は歴然。棟単位ではなく、都市単位でこの塗料を使ったとしたら、かなりの効果を期待できそう…!

UNStudioといえば、ヨーロッパ版ハイパーループのデザインコンセプトでも環境問題へのアプローチを打ち出していた設計事務所。今後のプロジェクトにも何かしらユニークなアプローチをしてそうですね。

Source: UNStudio via Dezeen, 気象庁, YouTube

    あわせて読みたい

    powered by