実験:変装で人をだますのは、思った以上にチョロい

  • 8,674

実験:変装で人をだますのは、思った以上にチョロい

生体認証がなかった頃のパスポートチェックとか、どれくらい正確だったんだろうか。

よくアニメに「どうみてもクオリティの低い変装」をしたキャラクターが出てきますが、英国で実施された新たな調査で、イメージチェンジと同レベルの変装でも人を騙せることがわかりました。

研究者たちは、まず26人のモデルをスカウトし、通常のスナップショットと、変装したショット×2種類の3パターンを撮影しました。変装に関しては、ヘアカラーやスタイルを変えても良いし、化粧をしても構いません。ただ、帽子やスカーフ、サングラスといった実際に顔を覆って隠してしまうものを使うことは許されませんでした。そして、変装の条件として、ひとつは単純に自分の顔を変えること、もうひとつはボランティアの誰かに似せることを設定しました。モデルのモチベーションを上げるために、より多く騙せた人には謝礼を弾むと伝えたそうです。

写真がそろったら、こんどは新たなボランティアを集めて3つの実験を行います。まず、モデルたちと面識のないボランティアに、写真をペアにしてもらいました。変装した顔を通常の顔とペアにする正解率は、平均で30パーセントも低い結果になりました。モデルが誰かに似せようと変装した時よりも、純粋に変装した時のものの方が正解率は低かったそうです。

2度目の実験では、変装の巨匠を探していると伝えられましたが、やはりボランティアの正解率は低いままでした。

最後の実験では、ボランティアがモデルと面通しした後に変装を見破れるかどうか確認しましたが、その時だけは誰も騙されなかったそうです。

190221disguisedface2
区別できますか?

この発見は今月のJournal of Experimental Psychology: Appliedに掲載されます。

英国のハダーズフィールド大学の認知心理学者兼顔認識のエキスパートで、主執筆者のEilidh Noyes氏によると、「私たちのモデルは安価で単純な変装を使い、そこにメイクアップアーティストは関与していません。人が望むなら、外見を変化させるのはこうも簡単なのです。」と、より精巧な変装なら私たちを騙すのは容易いだろうと話しています。

こうも簡単に人の目を欺くことができるというのは恐ろしい話です。アルコールを買いたくてティーンが偽装IDを使う程度ならまだしも(別に犯罪を擁護しているわけではありませんよ!)、凶悪犯が変装していたら見分けることなんてできるのでしょうか…。

潜在的不正確さの問題を解決する試みのひとつとして、Noyes氏は実験に使った写真を、他の研究者の同様の研究用に、偽顔データーベース「FACADE」を作ろうと計画しています。また、彼女はコンピューターの顔認証ソフトウェアが変装した顔をどのように一致させるかを調べた研究を発表する予定です。Noyes氏の初期の未発表研究で、コンピューターは変装した顔を当てる正解率が人間よりも高い一方、変装した人物を知る人物が変装した顔を言い当てるほどではないことを発見しています。

Source: Journal of Experimental Psychology: Applied via University of Huddersfield

    あわせて読みたい

    powered by