Galaxy S10発売で大いに盛り上がるパンチホール大喜利

  • 16,708

  • author 岡本玄介
Galaxy S10発売で大いに盛り上がるパンチホール大喜利
Image: Twitter via boredpanda

人気と共に創造性が大爆発してます。

先日オープンしたばかりのGalaxy Harajukuにもう並んでいた「Galaxy S10」。日本展開はまだ発表させていませんが、海外ではもう発売されています。

ディスプレイにぽっかり空いたフロントカメラ用のパンチホールが「なーんか不自然」と思う人々が多発しているようで、インターネットの世界では、そのカメラの形を存分に活かした壁紙を自作する猛者が続々と登場。

boredpandaでは、完全に大喜利と化したこの流れをキャッチしています。いくつか見てみましょう。

2眼カメラだと、どうしても双眼鏡を真正面から見た形状になるので、火星探査機やファミリーコンピュータ ロボット、『WALL-E』やアニメ『フューチュラマ』のベンダーなどになりがちです。

とは言え単眼でも、デス・スターやBB-8、それに『ベイマックス』や『アベンジャーズ』ニック・フューリーの眼帯など、サブカルをモチーフにしたものばかり。

ここではすべてを紹介しきれないので、ぜひともboredpandaで世界の盛り上がりっぷりをチェックしてみてください。

Source: Twitter (1, 2, 3, 4, 5), boredpanda

    あわせて読みたい

    powered by