広告モデルは難しそう。プレイヤーはStadiaの何にお金を払うことになる?

  • 8,286

広告モデルは難しそう。プレイヤーはStadiaの何にお金を払うことになる?
サンフランシスコで今年3月19日に開催されたゲーム・ディベロッパー・カンファレンス2019で展示されていたロゴ。Photo: Alex Cranz ( (Gizmodo)

Fortnite形式が有力と。

先週Googleが発表したのがゲーム・ストリーミングサービスであるStadiaです。しかし、どのような形でプレイ料金を支払うことになるのか、まだ詳細は明らかになっていません。

これまでのゲームと同様、タイトルごとにお金を払って購入するのか、Apple Arcadeのように月額のサブスクリプション料金を払うことになるのか。もしくはゲーム内に広告を表示させることで無料で誰でもプレイできるようになるかもしれません。

広告モデルは難しい?

そんな中、金曜日にビジネスインサイダーの取材に応えた業界のアナリストたちが、広告モデルは実装が難しいだろうという意見を述べています。大ヒットするようなゲーム開発にはコストが大きくかかることに加えて、開発企業にとってはゲームを発表しても利益が上がるかどうかすらわからないのは大きな不安となります。

ムーアインサイツ・アンド・ストラテジーのプリンシパル・アナリストであるPatrick Moorheadさんは、ビジネス・インサイダーの取材に対して、こう語っています。

Googleは有料サービスの分野でそれほど大きな成功を収めていないことを考えると、Googleにとっては広告ベースのモデルが理想となるだろう。現実には、そのモデルに最適化されたゲームプレイとコンテンツ内容に達するためには数十年がかかるだろう

eマーケターの予測アナリストであるEric Haggstromさんがビジネスインサイダーに語ったところによると、現場の30億ドルにも上るゲーム内広告マーケットはほとんどが低いクオリティーのモバイルゲームで構成されているとのことです。しかしその一方でいくつかのエリアではGoogleが広告を差し込んでくることも可能かもしれないともEricさんは思っています。

またFortniteやApex Legendsのようにゲームをプレイすること自体は基本的に無料、追加のスキンやアバターの姿形を変えるツールに関しては課金をする方法もあり得ると述べます。

「Fortnite形式」が有力か

彼によるとGoogleの新しいサービスはおそらく大人気ゲームであるFortnite(フォートナイト)と似たアプローチを取るだろうとのことです。ゲームのダウンロードには課金をせず、代わりにゲーム内でのスキンや姿形を変えるアイテムに関して課金をする形式です。Stadiaが誰でも簡単に参加できるオープン・プラットフォームであることを宣伝していることを考慮すると、このタイプのゲーム内課金モデルは理に適う、とHaggstrom氏は考えます。

ゲーム内で細かく課金をされるシステムに対するゲーマーたちの不満も高まりつつあり、かつゲーマーたちは移り気です。ゲームプレイが広告によって何度も邪魔をされるようなモデルに、上手く適応できるかどうかは怪しいでしょう。

しかし究極的には広告によってサポートされるようなモデルはGoogleにとっても費用が大きすぎるでしょう。現存する競合他社たちの間ではサブスクリプション形式を採用するのが一般的です。

GoogleのバイスプレジデントであるPhil HarrisonさんがPolygonに対して示唆したのは、この新しいサービスは初期投資に膨大な金額がかかるだろうということです。少なくとも理論上は、HDの解像度、かつ高フレームレートで、何百万人というユーザ相手に同時にゲーム・ストリーミングさせるわけです。グラフィックの面からも現存するゲーム機と比べて、非常に高いレベルの性能を持つと言われています。スケール面でも同様です。1000人のプレイヤーによるバトル・ロワイヤル形式のゲームまで想定されています。

「2019年にインフラと設備投資130億ドル(約1兆4360億円)をGoogleが費やす事が発表されています。会社にとっても非常に大きな投資となっています」とHarrison氏は語りました。

どのようにしてStadiaにアクセスすることができるのか、また他の多くの疑問に対する答えはまだ開かされません。ストリーミング・プラットフォームにアクセスするために、1つ1つのゲームタイトルを所有する権利を失うことになるわけですが、それがネット・ニュートラリティーなどの観点からも十分に価値があると言えるかどうか、疑問の声もあがっています。Bethesdaほどのゲーム業界の大手ですら、Fallout 76のリリースで失敗しているように、ゲーム開発はリスクが付き物です。GoogleがStadiaのためにちゃんとしたパートナーを獲得できるかどうか、注目が集まります。

Source: Business Insider/Polygon

    あわせて読みたい

    powered by