ガンダム実写ハリウッド映画、脚本家はアメコミ『サーガ』のブライアン・K・ヴォーン

  • 14,324

  • author Charles Pulliam-Moore - Gizmodo io9
  • [原文]
  • そうこ
ガンダム実写ハリウッド映画、脚本家はアメコミ『サーガ』のブライアン・K・ヴォーン
Image: ngkaki / ゲッティイメージズ

ハリウッドって本当なんでもありね。

と感心してしまった『ガンダム』実写化のニュース。公開日やキャストなど細かいことはまだわからないものの、どうやら脚本家は決まったようです。

ネタ元のDeadlineの報道によれば、実写版ハリウッドガンダムの脚本はブライアン・K・ヴォーン氏が担当するといいます。また、氏は脚本だけでなくエグゼクティブ・プロデューサーも兼任予定。

ヴォーン氏の名前は、アメコミ好きなら聞いたことがあるのでは。『サーガ』の共同クリエイターですね。現在、『サーガ』はシリーズの隙間でお休み中ですが、同じくヴォーン氏原作の『Y: The Last Man』シリーズが映画製作中できっとかなり多忙なはず。それでも、ガンダム映画の脚本を手がけるからには、依頼する側も受ける側もそれなりの思いと期待があるのでしょう!

ガンダム実写ハリウッド映画化において、ガンダムシリーズのどこを描くのか、完全オリジナルの新たなストーリーとなるのか、肝となる部分はまだ明らかになっていません。脚本家が決まれば、いよいよストーリーが動きだすはず…。

Source: Deadline

    あわせて読みたい

    powered by