「サード製バッテリーに交換しても修理OK」Appleが認めたと報じられる

  • 7,726

  • author 塚本直樹
「サード製バッテリーに交換しても修理OK」Appleが認めたと報じられる
Image: Kevin Khoo/Shutterstock.com

ほっと一安心。

Apple(アップル)といえば、公式でない修理にあれこれ厳しい印象。しかし、そんな姿勢も変わりつつあるようです。海外報道によれば、Appleはサード製バッテリーが搭載されたiPhoneでも修理を認めるように方針転換したようなのです。

Appleの内部資料を手に入れたとしてMacRumorsが報じた、今回の内容。具体的には、サード製バッテリーを搭載したiPhoneでもジーニアスバーや正規サービスプロバイダにて修理が可能になる、とのこと。これまでは同様のiPhoneは修理がお断りされていたので、大きな変化といえそうです。

実際の修理では、故障内容がサード製バッテリーに関連していなければ、そのまま修理を進めます。そしてサード製バッテリーが原因なら、正規の値段で純正バッテリーに交換してくれるそう。さらにバッテリー周辺部品(タブ)が故障していたら、バッテリー交換の料金だけでiPhone全体の交換を認める場合もある、としています。

なお、このような特例はバッテリーのみに認められているようで、ロジックボードや筐体、その他の内部部品などがサード製品に交換されている場合は、引き続き修理はできないそうです。

今回の報道はApple公式の情報ではありませんが、MacRumorsは「全世界(の修理拠点)へと影響する」と伝えています。もしiPhoneのバッテリーのみをサード製品に交換してトラブルに遭遇したら、公式修理に相談してみるのもよさそうです。

Source: iGeneration, MacRumors

    あわせて読みたい

    powered by