アメリカで爆発的人気の電気圧力鍋は本当に最強なの? 調理家電の頂上決戦レビュー!

  • 9,206

アメリカで爆発的人気の電気圧力鍋は本当に最強なの? 調理家電の頂上決戦レビュー!
Image: Gizmodo US

アツい戦いでした。

アメリカで爆発的人気、「これがないと生きていけない!」という人が続出の電気圧力鍋兼スロークッカー、通称インスタントポット。日本でもじわじわ人気があがっていますが、もーし買うならどれがいいの? 米Gizmodoがレビューしてくれました。


インスタントポット、今1番アツいアイテムです。友達、家族、同僚、みんな持ってます。持ってるだけでなく、みんながみんなインスタントポットの話をしています。材料をいれるだけ、ボタン1つでほっぺが落ちる料理ができる!と話はじめたら止まらない勢いです。が、「インスタントポット」はInstant Potであって、あくまで商品名。1ブランドにすぎません。みんな「インスタントポット」の話をしていますが、中には「Instant Pot」じゃない同ジャンル家電を使っている人もいるわけで。では、Instant Potが本当に電気圧力鍋・スロークッカー(通称インスタントポット)最強なのか、それともネーミングセンスがキャッチーだっただけなのか…。レビューしてみました。

圧力を利用した調理器具は昔からあります。そもそも圧力鍋。これを火の番をしなければならないコンロから、家電へと進化させたことで便利度が飛躍的にあがったのが電気圧力鍋です。今回レビューしたのは、以下4つのお鍋。それも、6クォート(約5.7リットル)容量で、価格は100ドル以下(アメリカでの価格です)です。

190315instantpot01


Instant Pot Duo:100ドル。Instant Pot社のシリーズのなかで最も人気の定番モデルであり、Instant Potではない通称インスタントポットと比較するには適役。

Insignia 6-Quart Multi-Function Pressure Cooker:100ドル。ほぼInstant Potと言っていいほど、Instant Potに見た目が似ている。お店で見た人の中には、これがInstant Potじゃない通称インスタントポットだと気づかない人もいるのでは? 米大手家電販売店のBest Buyが、安価な自社ブランドInsigniaとして販売。たまに大安売りされ、個人的に30ドルまで下がってたのを見たことあります。

Crock Pot Express:70ドル。Crock Potは、昔はコンロ用の煮込み調理のお鍋、今はスロークッカーが人気。スロークッカーは、煮込み料理でお肉ホロホロ、何時間もスープが温かいことで評判。

T-Fal Electric Pressure Cooker:T-Falは昔からコンロ用の圧力鍋を作っており、圧力鍋を熟知していると言ってもよし。ただ、コンロとボタン1つの電気鍋では勝手が違いますから、これがどうでるか。

レビューのポイントは3つ。焼き加減はどうか。圧があがるまでの時間はどの程度かかるか。そして、使いやすさです

焼き

従来の圧力鍋(圧力電気鍋)と通称インスタントポットの大きな違いは、インスタントポットは圧力による時短調理だけじゃないということ。焼きもできるのが魅力の1つです。ここでいう焼きとは、こんがりキツネ色の焼き目がつくということ。キツネ色はメイラード反応という化学反応によって起こり、美味しさの秘密でもあります。飴色玉ねぎの美味しさはこれ!

190315instantpot02

しかし、残念なことに今回のレビューでは4ポットとも焼き成功とは言えない結果になりました。セオリーとしてはお鍋が300°F(約150°C)まで温まったので、こんがり焼けるはずなのですけどね。こんがりキツネ色は、お鍋の素材や形、部屋の温度や湿度にも影響されるためセオリー通りにはいかず。

4ポットともお鍋自体がとても薄いことですばやく加熱できるわけですが、それと引き換えに焼きができるほど高い熱を保つことが苦手。せっかくお鍋が熱くなっても、冷たいお肉を乗せたとたんに冷めちゃう。レビューでできたのは、こんがりではなく白っぽく油っぽいステーキ。Crock Potは健闘、ぎり焼き色がつくくらいだったので、4ポットの中で勝者を決めるとすればCrock Pot。それでも、圧力電気鍋で満足な焼き料理ができるかといえば、NO。正直、なしと言ってもいいくらい。

勝者:Crock Pot Express。

圧力

焼きから始めたレビューですが、正直、焼き目当てでこの手の家電を買う人はまずいないでしょう。メインはやっぱり煮込み。いかに手早く煮込み料理ができるのか。お豆の煮込み1ポンド(約500グラム)を作って見たところ、4ポットすべて1時間以内で調理完了。通常、コンロで作れば3時間以上、または事前にお豆を24時間水に浸す作業がいるので、時短でいえば最高です。問題は、どのポットが1番美味しく作れたかということ。鍵は圧力の上がり方です。

ポットの圧力があがるまでにどれくらいの時間を要するかは大事です。ポットの中にお豆が1時間はいっていても、圧力がかかるまでに長時間要するのでは、1時間の大部分は準備時間ってことになっちゃうもん。

190315instantpot03

圧力があがるのが最も早かったのはCrock Pot Express、約10分で達成。ただ、このテストで落第と言えるのも、実はこのCrock Pot Express。レビューで実際に触ってみたところ、はじめ蓋がきちんとしまっておらず、結果ボコボコお湯を沸かしただけで、蓋の下から湯気がもれでる結果に。これ、ボタンおして目を離していたらと考えると非常に危険ですよね。他3ポットは、蓋がきちんとしまっていないと調理開始できない仕様なのでこの心配はなし。まずは、安全面が大事、早くてもCrock Pro Expressは勝者とはいえません。

一方、T-FalとInsigniaは圧力が上がるのに時間がかかってました。T-Falが14分、Insigniaが15分。結果、12分で安全仕様だったInstant Pot Duoの勝利。

勝者:Instant Pot Duo

使いやすさ

時短調理!と言われても、使い勝手が悪かったらイライラするだけ。使いにくければ、日常的に利用することはなくなってしまいますから。

食材を入れて圧力調理して完成。この後、アツアツポットから圧力を抜かねばなりません。おなべの中からボワッとアツアツ蒸気が登場、するかもしれないので場合によっては危ない工程。ここでは、T-Falがちょっと目立つ仕様で、蒸気バルブを直接なんちゃらするのではなく、ポット上にあるボタンを押すという仕組みになっていました。安全かつ簡単な方法です。ただ、これにはマイナス点もあって、ボタンをピっではなく、蒸気抜いてる間押し続けておかないといかんのです。この工程が数分かかることもあるので、その間ボタン押しとくのは面倒臭い。ボタンという仕様はよかったものの、勝者というには勝手が悪い。

Crock Potはポットの見た目もいい、ディスプレイも見やすい、バルブも触りやすい。が、圧力調理モードのセットが面倒臭い。たくさんのレシピから探し出し設定せねばならないのに、このコントロールが簡単にできないのは使いやすいUIとはいえず。

190315instantpot04

Insigniaは使いやすさでは特記すべき点はないものの、安全面でバツ。やけどしました。蒸気を抜くバルブが小さすぎ、結果アツアツのお湯がはねてしまったのです。また、バルブを回す方向が横に表示されているものの、文字が小さすぎて顔を近づけないと読めず。これ、顔にお湯がかかってヤケドするフラグたってますよね。

勝者はInstant Pot。T-Falのようなシャレたボタンはないものの、バルブがあけやすい、ヤケドもしない。また、パネルの表示が読みやすいのも◯。結局、こういう小さなことの積み重ねで使いやすさ、端末全体のデザインの良さって決まるんだなと実感しました。

勝者:Instant Pot Duo

今、買うべき電気圧力鍋は?

やっぱり人気通りInstant Potということになります。他3ポットも大健闘したものの、安全面や使い勝手でInstant Potには及びません。てことで、100ドル以下の電気圧力鍋ならばInstant Potが今のところベスト。ただ、「焼きもできる!」といううたい文句は期待しちゃダメよ。




なんか、急に電気圧力鍋/スロークッカー欲しくなってきたぞ! 買っちゃおうかな、Instant Pot…。

    あわせて読みたい

    powered by