サイバーパンク唯我独尊。京都に現れたアンドロイド観音が仏の道へ誘う

  • 7,157

  • author 岡本玄介
サイバーパンク唯我独尊。京都に現れたアンドロイド観音が仏の道へ誘う
Image: Gettyimages

リアル『仏ゾーン』。

今月23日、豊臣秀吉の正室 北政所ねねが建立した京都の高台寺にて、説法を行なうアンドロイド観音「マインダー」がお披露目されました。

これは多くの人に仏教への興味を持ってもらうべく、高台寺がマツコロイドなどで知られる大阪大学の石黒浩教授の研究室などと開発したものだそうです。

「マインダー」の説法では、後ろの壁面にプロジェクション・マッピングが投影され、幻想的な音楽も流されています。

悟りの境地はサイバーパンクによって導かれるのです

Video: KyodoNews/YouTube

強烈なインパクトで仏教を伝える

顔とデコルテと両手と以外はメカ。頭部もメカで、顔は男性っぽいのに声が女性といういろいろ超越してしまったこの「マインダー」。作られた目的は「仏教の教えを具体的に伝えやすくする」ということだそうです。

「マインダー」のスペック

The Asahi Shimbunによると、左目にカメラが内蔵された「マインダー」は、高さ195cm、体重は60kgとのこと。そして1606年に創建されたこの高台寺で、般若心経を唱えるのです。

観音様は人助けのため、自らをさまざまな形に変える仏様。なのでお寺いわく、「今回はアンドロイドに変わっただけのこと」なんですって。

一見するとバチ当たりな気がしないでもないのですが、真剣に見ていると、コレはコレでアリのような気がしてきます。きっかけは何であれ、宗教心というのは己の心の中のことですからね。普段は動かない偶像が電動で動いて喋るってだけなのです。

生まれながらに解脱している

そもそもアンドロイドなので煩悩は持ち合わせておらず、はじめから涅槃の状態の「マインダー」。bOinGbOinGいわく、開発費は1億円とのこと。お布施がコレになったことで檀家の皆さんはどう思われたかも気になるところです。

一般公開は3月8日から5月6日までだそうです。ハイテク・ガジェット化した観音様の御尊顔を、ひと目拝みに行ってみてはいかがでしょうか?

Source: YouTube via bOinGbOinG via The Asahi Shimbun

      あわせて読みたい

      powered by