クルッ、シュッタッ。MITの四脚歩行ロボ「Mini Cheetah」がバク宙を披露

  • 6,439

  • author 岡本玄介
クルッ、シュッタッ。MITの四脚歩行ロボ「Mini Cheetah」がバク宙を披露
Image: Massachusetts Institute of Technology (MIT)/YouTube

小型で運動能力も高い!

かつてMITのBiomimetic Robotics Lab が、犬のような四脚歩行ロボ「Cheetah 3」を作っていましたが、Laughing Squidによると、今度は41kgの「Cheetah 3」に対して1/4の重さの「Mini Cheetah」が生まれたようです。

重量はたった9kgですが、軽いだけあってバク宙ができてしまうほどの運動性能を誇ります。横に歩いたり、目を回さずクルクル回りながら進むことも、はたまたイジワル人間から足蹴にされても耐え、ひっくり返されても自分で起き上がるといったタフさです。

Video: Massachusetts Institute of Technology (MIT)/YouTube

身体が左右でズラせられる、面白い機構を持っていますね。

動画の説明では、「Mini Cheetah」はアクチュエイターの半分のトルクと速度で、平均的な人の歩行速度の約2倍の速さ(約4m/s)にて、起伏の多い地形を走ることもできる、とあります。

「Cheetah 3」は、足に伝わる感覚で周囲の状況を判断するため、カメラやセンサーなしに何も見えない中で進み道を自ら見つけ出すように作られていました。GoProが搭載されていたシーンもありましたが、おそらく「Mini Cheetah」も縮小版として、足で判断していることと思われます。

映像の最後は、「私たちは間違いをおかしますが、Mini Cheetahはそれらを乗り越えられるよう造られています」という文があり、まるで映画の最後のNG集のように失敗例がアレコレ登場しました。こうして失敗から学び、バク宙が出来るようになったのですね。

次はどんな芸が出来るようになるでしょうか?

Source: YouTube via Laughing Squid, Biomimetic Robotics Lab

    あわせて読みたい

    powered by