MS OfficeアシスタントのClippy、スタンプになって復活するも瞬殺される

  • 6,369

  • author Victoria Song - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
MS OfficeアシスタントのClippy、スタンプになって復活するも瞬殺される
Image: The Life of Clippy/YouTube

生存期間、1日。

90年代にMicrosoft(マイクロソフト)のWordを使っていた先輩方ならご存知、クリッピー。擬人化されたペーパークリップで、画面のはしっこでWordの色々なことを教えてくれるアシスタントなのですが、ほとんどのユーザーが邪魔臭いと思っていたヤツですよね。

2001年にMicrosoftが出したOffice XPに伴い、クリッピーは降格されデフォルトでオフになり、2007年には葬り去られてしまいました。以来ずっと死んでいたクリッピーでしたが…… Microsoftは彼を蘇らせ、また殺してしまいました。

それは先週火曜日のこと、クリッピーはMicrosoftチームから動きのあるスタンプとして復活を遂げ、GitHubにてリリースされました。誰でもダウンロードできて、90年代を懐かしむことが出来るようになったのですが……水曜日にはまたいなくなってしまったのでした。

190326_clippy
Image: The Life of Clippy/YouTube

MicrosoftはThe Vergeに対して、この騒動については社内のブランド警察が暗躍したのだと、以下のようなコメントを寄せました。

クリッピーは2001年から復活を試みて来ました。そして少しだけGitHubに顔を出したのもその挑戦のひとつです。努力には感謝しますが、チームにクリッピーを再利用する計画はありません

いかに嫌われてきたのか?

冷徹ですが、かつての絶大な不人気っぷりを踏まえれば、この対応はわからなくもありません。

それはネット上見られるだけでも、本当数限りなく枚挙暇がないほどに、クリッピーのことを嫌い憎しむ声大量に見つかるくらい、邪魔モノ扱いされてきた黒歴史があります。でもちょっとしたスタンプくらい、大したことなさそうなんですけどね。Microsoftとしても、あの嫌われっぷりにはトラウマになっているのかもしれません。

とはいえ、2017年にはMicrosoftのカンファレンスにきぐるみが登場したりなんかして、懐かしさのあまりプチ復活が許されたこともあったんですけどね。

一定の層には密かな人気

2017年には、Chrome web storeにてブラウザー上にクリッピーをアシスタントとして表示させる拡張機能が登場し、これまでに1,087ユーザーがダウンロードした形跡もありますし、Redbubbleからは珍妙なステッカーも、そしてEtsyでは自作グッズも販売されているくらい。

190326_clippy2
Image: RedBubble

「#clippy」DEVIANT ARTを検索すれば、これまた奇妙なファン・アートも大量に見つかりますし、大きく膨らんだメモ用紙を抱えた、クリッピーの妊婦姿なるイカレたアートまで存在し、オリジナルのデザイナーを唸らせる始末。そして今回1日で消されたスタンプにも、執筆時に3,828人から復活の投票が寄せられていたほど、クリッピーを応援する一定の層がいるのです。

しかし2019年にクリッピーが復活するだなんて、夢にも思った人はいないでしょうね。あれだけ嫌われても、しつこくネットミームとして生き永らえていきそうです。

Source: Microsoft (1, 2), BLEEPINGCOMPUTER, GitHub, THE VERGE, The Atlantic, THE CUT, vocativ, Quora, MF, The VINDICATED, ARTSY, DUKE UNIVERSITY LIBRARIES, Luke Swartz, TIME, The Daily Dot,chrome web store, Redbubble, Etsy, DEVIANT ART, MOTHERBOARD

    あわせて読みたい

    powered by