ヒトと先端技術の新たな融合。パラリンピックとは違う「サイバスロン」って何だ

  • Mugendai
  • author 渡邊徹則
ヒトと先端技術の新たな融合。パラリンピックとは違う「サイバスロン」って何だ
Image: Mugendai(無限大)

名前がヒーローっぽい。

サイバスロン」と聞いて、国際的なテックイベントを思い出せる方は、かなりの通といえるかもしれません。

IBMのWebメディアMugendai(無限大)では、パラリンピックとはひと味違う、障がいを持つ方の競技会が紹介されていました。まるで未来世界のようなその様子とは。

障がい者が先端技術で競い合うサイバスロン。パラリンピックとの違いは

サイバスロンをひとことでいうなら、「障がい者が先端技術搭載の器具を用い、さまざまな困難をクリアする」という競技。スイスが発祥で、リハビリ器具や義手・義足などの研究から発展したものです。

障がいを持つ方の競技大会といえばパラリンピックが思い浮かびますが、インタビューに登場し、同大会の支援もしている在日スイス大使館の鈴木恭子さんいわく、「パラリンピックが『人は、肉体と精神をどこまで突き詰められるか』を競い合うのに対し、サイバスロンは『技術と人が協力し合い、いかにして、日常の課題を克服するか』を競い合うもの。競技者と技術者のチームワークこそが重要」という違いがあるそう。とにかく、かなりテックよりの大会だと分かります。

脳波で競うサイバー競技。その目的は「技術の発展」

サイバスロンには6つの競技がありますが、中でももっとも特徴的といえるのが、「脳コンピューター・インターフェース(BCI)」というもの。これは、脳波を読み取ってゲームのアバターを動かすというもので、未来感のある競技風景が何ともかっこいいですよね。

障害者と先端技術の新たな融合。パラリンピックとは違う、「サイバスロン」って何だ
Image: Mugendai(無限大)

この技術は、たとえば首から下が動かせない方でも脳波で車いすを動かしたり、パソコンを操作したりする技術の発展を目指しているそうです。

他にも、筋肉に直接電気刺激を与えて行う自転車レースである「機能的電気刺激バイク」など、他ではちょっと見られない競技ばかりです。

「競い合う」というエンターテインメント性を通じて、将来の技術発展につなげようというサイバスロンの取り組み。実は東京五輪に先駆け、まもなく神奈川県の川崎市で一部の競技が開催されるそう。事前登録が必要ながら入場は無料なので、その詳細やサイバスロンのさらなる魅力は、Mugendai(無限大)でお楽しみください。

Source: Mugendai(無限大)

    あわせて読みたい

    powered by