中国で流出した謎のデータベース、180万人の女性に「繁殖OK」のラベルが…

  • 36,312

  • author Melanie Ehrenkranz - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
中国で流出した謎のデータベース、180万人の女性に「繁殖OK」のラベルが…
Image: China Photos/Getty

一人っ子政策で男子ばかりを産み分けた結果でしょうか。

土曜日のこと、とあるホワイト・ハッカーが中国で約180万人の女性の個人情報を記載した、セキュリティー保護されてないデータベースを発見しました。そしてそこには何らかの理由で、「BreedReady(繁殖可能)」と題されたセクションが含まれていたのでした。データベースは月曜日に取り下げられましたが、この存在により、誰かが膨大な数の女性について、あまりに個人的すぎる情報を集めていることが明るみになったのです。

そのホワイト・ハッカーは、オランダのデータ・セキュリティー研究者であるヴィクター・ジェヴァースさん。彼はそのスクリーン・ショットを自身のTwitterアカウントに投稿し、月曜日に投稿を更新したところ……データベースは消失していたのです。

中国では女性が不足しています。それである組織が、180万人を超える女性のデータベースを構築し始めました。そこには電話番号、住所、教育、所在地、ID番号、配偶者の有無、そして「BreedReady(繁殖可能)」について可否を示すステータスも?

そして彼は、消えたデータベースについてコメントしています。

このIPアドレスがオンラインに戻ってこないことを確認するため、しばらくの間このIPアドレスを監視します。私たちは所有者がどのように、また何の目的でこのデータベースを設計したのはわかりません

謎だらけのデータベース

データベースの作成者が何の意味で「繁殖可能」という用語を使用しているのか、正確なことは不明です。極端な解釈をすると、女性たちは繁殖のために育てられた…ということを示すものとも考えられますが、もしくは単純に、女性たちが国のために子孫を増やせることを示しているのかもしれません。それとも中国で使われる英語なので、勘違いによる誤訳で、全然別の意味の言葉が充てがわれた可能性もあります。

いずれにせよ、編集者の意図は不明ですし、中国政府が女性をそうした目線で扱っているわけでもありません。どれも憶測の域を出ませんが、データベース上のいち表現として使われているワケです。

その他に記述されていた個人情報は?

「繁殖可能」列のほかに、データベースには女性の名前、電話番号、年齢、誕生日、配偶者の有無、政治的身分、住所、およびID番号も記載されています。さらには謎の「hasvideo」と呼ばれる列もあります。動画があるということなのでしょうか?

ジェヴァースさんいわく、記載されていた女性の平均年齢は32歳で最年少は15歳。そして最年少の「繁殖可能」年齢は18歳だったとのこと。彼はまた、89%が独身、10%が離婚、そして1%が未亡人とラベル付けされていたそうです。

どうやって集めたのか?

さすがにこれほど詳細な個人情報は、普通のアプリやサービスでは収集しきれるものではないでしょう。とはいえSNS出会い系アプリなら、それらほとんど、もしくはすべての情報が入手出来るかもしれません。

そして問題の「繁殖可能」ステータスは……想像力を豊かにすれば、出会い系アプリや月経追跡アプリなら収集可能かもしれません。

データベースの作成者は一体…

しかし「社会信用システム」を構築し、「借金持ち」の人を密告するスマホ用アプリの開発や、「信用されざる者」が飛行機や電車に乗られないことなどを踏まえると、中国政府が女性の「出産の可否」情報を握ってもおかしくありません。しかも中国の出生率が最低記録を叩き出したこと、二人っ子政策により、産休取得の回数増加を懸念して若い女性の雇用を渋るようなった社会を見れば……あとは推して知るべしでしょう。

米Gizmodoはジェヴァースさんに連絡を取っており、もしデータベースを作ったのが誰か判明したら教えて貰うことになっています。


Source: Twitter, The Guardian, REUTERS, The Economist

    あわせて読みたい

    powered by