ローリング家庭菜園。室内で野菜を育てるドラム式ガーデニング装置「OGarden Smart」

  • 8,690

  • author 岡本玄介
ローリング家庭菜園。室内で野菜を育てるドラム式ガーデニング装置「OGarden Smart」
Image: OGarden/YouTube

回転させて野菜を育てるなんて目からウロコです。

家庭菜園をやってみたい、でも究極に効率良く、という人には、この苗床がグルーっと回転するスマート・ガーデニング「OGarden Smart」が良さそうです。

Video: OGarden/YouTube

省スペースな構造

The Awesomerいわく、この装置は30種類の種60種類の苗を同時に栽培できるのこと。その秘密はまず環状の苗床が逆さまになっても落下せず、常に回転して光を受ける上段パーツにあります。もしこれが平面に置かれていたら場所を取るだけでなく、光を均等に浴びせる機材も大掛かりになってしまいますよね。

次に下段の棚の中では、種から芽が出るまでの段階を担います。ここでシッカリ根が張られれば、逆さまにしても安定しているので、ドラムに移動させて光合成をさせてやることができます。

イイことずくめ

この「OGarden Smart」のメリットはさまざま。たとえば栽培に天候の影響はまったく受けませんし、害虫の心配や農薬/除草剤の散布も不要です。水の残量だけ気を付けていれば、イチイチ水撒きする必要もナシ。LEDによる明かりが要する電力も120ワット、低電力です。

野菜が日々成長するのは見ていて楽しいですし、子供にとっては食育にもなります。ついでに見た目もなんだか緑やオレンジの草花が回転する様は美しいと思いません?

190311_ogarden2
Image: OGarden/YouTube

下段で芽が出て上段で育てるサイクルが上手く行けば、1年を通して3~4日周期で何かしらが収穫できるそうです。そういう意味でも、野菜不足な現代人にとって有り難いマシーンではないかなと思います。

スゴい額の出資金が集まる

この「OGarden Smart」は、KICKSTARTERで出資金を募っており、執筆時には1,141名の出資者より、約166万円の目標額を激しく超えて7,300万円近いお金が集まっていました。早期便では約7万1,200円で1台が購入でき、30種の苗床がオマケで付いてきます。

初期投資は値が張りますが、長い目で見れば野菜を買わずに済むワケで、愛用すればするほど家計にも、そして身体にも優しくなりますね。

Source: YouTube via The Awesomer via KICKSTARTER, OGarden

    あわせて読みたい

    powered by