どうしよう。リサイクルが破綻しかけているんだって

  • 31,344

  • author Maddie Stone : Gizmodo US
  • [原文]
  • Kaori Myatt
どうしよう。リサイクルが破綻しかけているんだって
Image : Rob Sinclair (Flickr)

リサイクルができなくなったら。

せっかく分別しているのに、リサイクルゴミが燃やされているとしたら? ゴミを分別することも大切ですが、ゴミを出さないことってもっと大切なんですね。

私が住むフランスでも、日本と同様可燃ゴミとリサイクルゴミで分別するようになっています。リサイクルの分別はちょっと日本よりゆるいかなと思いますが、ゴミ処理場に持ち込めば、ダンボールもプラスチックもきちんと分けて捨てることができます。残念ながらフランスは欧州のほかの国と比べるとまだまだリサイクルは遅れているようです。でも、スーパーでは野菜はほとんどが量り売りなのですが、去年くらいからスーパーから野菜を入れるビニールが消え、ほとんどが土にかえる紙袋になりました。またスーパーでは食品の廃棄が法律で禁止され、期限が切れる食品は施設などに寄付しないと事業主に罰金が課せられるようになりました。パン屋に行ってもビニール袋はくれず、バゲットを持つ部分のみ薄紙を巻いてくれるだけの簡易包装は前からです。柳や籐(ラタン)、麻など天然素材で編んだ買い物かご「パニエ」はどこの家庭にもあるフランス文化。日本ではたった1日でゴミ箱がいっぱいになりますが、フランスでは1週間でもあまりゴミがでません。

今回は米ギズモードで組んでいる「ゴミ」特集のひとつを翻訳しました。リサイクルの破綻について米GIZMODOのMaddie Stoneがアメリカは ペンシルベニア州、フィラデルフィアの今を追っています。

ゴミについて、今もう一度考え直すときにきているようです。


リサイクルゴミがリサイクルされないなんて

フィラデルフィアではみんなリサイクルに励んでいます。毎日、160万人が400トンものリサイクルゴミをせっせと出してくれています。...ですが、去年の秋頃から、外の青いリサイクルゴミが回収されなくなっているんですよね。いつのまにかリサイクルゴミは、廃棄熱発電所で燃やすゴミと一緒に燃やされるようになってしまっていたのです。

いったいどういうこと? 地域住民にとっても廃棄熱発電所の運営者たちにとっても憂うべきことです。これは、合衆国のリサイクルゴミを一手に引き受けてきた中国が、ゴミの輸入に制限をかけ、24項目もの輸入ゴミを規制し、輸入するリサイクルゴミの品質標準を設けてきたことによる結果なのです。それゆえ、全米レベルで各自治体はこの規制に対応するためにかさむコストに直面し、廃棄熱発電や埋め立てなどのソリューションに頼らざるを得ない状況に追い込まれ、リサイクルゴミはついに行き場を失ってしまったのです。

一方、アメリカ合衆国のリサイクル産業といえば、全米の廃棄物の四分の一という膨大な量を処理しているにも関わらず、連邦からはなんのガイドも示されておらず、存在危機すら迎えているといってよいでしょう。

「自治体の固体ゴミと消費者のリサイクルゴミをどう処理するかについて、合衆国ではこれまで協議を怠ってきたことを真剣に考え直さなくてはならないときにきています」と、アメリカ進歩センターで気候変動とエネルギーポリシーを専門とする職員のクリスティーナ・コスタさんは言います。「リサイクルを進めたいなら、どう進めるのか、そのポリシーの転換について話し合うべきときにきていると思います」

「わたしたちの多くはリサイクルとは都市が提供するサービスだと思っていますよね。リサイクル産業を統制する国の法律はなく、多くの場合は自治体がそのコストを負担しています。フィラデルフィアに代表されるような多くの都市では、民間の請負業者がリサイクルゴミを集め、分別し、回復施設で原材料となるゴミをきれいにします。そこから、紙、ダンポール、プラスチック、ガラス、アルミは、金属や材料の資源としてさまざまなメーカーへと販売されていきます。

発端は中国のゴミ規制

アメリカ合衆国環境保護庁によれば、全米のリサイクル業者は、年間約 6100万トンの材料を処理しているとされています。つい先ごろまで、中国は、全米の再生紙原料の輸出の60パーセントを含む、合衆国のスクラップ原料の約 1600万トンと、リサイクルゴミを一手に買い受けてきました。ところが昨年から状況が一変します。中国は全国的に環境汚染と戦う姿勢の一環として、リサイクルゴミの輸入規制を大幅に厳しくしてきたのです。2018年1月、中国は 24種類の外国ゴミの規制を打ち出しました。これには未選別の古紙と、生活由来の廃棄プラスチックも含まれています。その2ヶ月後、さらに中国は規制対象外のリサイクル紙製品の汚染のボーダーも厳しくしてきました。ダンボールに含まれる不純物の割合を0.5パーセントにまで狭めてきたのです。

合衆国のリサイクルビジネスへの影響は、ある専門家の言葉を借りればまるで「巨大地震」のようなもの。アメリカ合衆国国勢調査局とアメリカ国際貿易委員会のデータによれば、2017年1月から2018年1月の間、中国に輸出される未選別古紙とプラスチックは実に90パーセントにものぼっていました。リサイクル産業は新たな買い手を見つけられず、価格は急落。全米廃棄物およびリサイクル協会の技術および規制担当の重役を務めるアン・ジャメインさんは、未選別古紙は1トンあたり100ドルから3ドルにまで暴落したと肩を落とします。

規制の対象外となっているゴミについては、0.5パーセントの汚染基準をクリアするのは非常に厳しいといっていいでしょう。現在、合衆国のリサイクルゴミ総量のうち平均すると約25パーセントが汚染されています。これらのゴミを原料として販売可能なレベルにもっていくまでには、リサイクル施設で選別する人を増員しなくてはなりません。またリサイクルゴミに混入してくる物を除外する機械を導入しなくてはならないでしょう。それだけでなく、現在の処理ラインの生産性は低くなってしまいます。「処理ラインの処理が遅くなったら、全体的な処理能力が下がってしまいます」とジャメインさん。「処理できる総量が減ってしまうということです。ということはコストがかさむのに、収入が減るということ」ゴミを処理するコストと比べると、輸出するコストの方が安いため、沿岸地域ではリサイクルを中国に依存しがちになっていました。こういった地域にまず大きな負担がのしかかってきます。ニューヨークとカリフォルニアはプラスチックと段ボールについては、こぞって新しい購入国を探しにかかっています。アメリカ中部の国内処理施設もこれに追随します。「まるで魚市場の入札ですよ」とジャメインさん。「結局、国全体が影響を受けているのです」この影響は都市に跳ね返っています。リサイクルを維持するためのコストは急上昇し、痛い選択肢を泣く泣く強いられています。リサイクル可能なゴミは埋め立てへと送られるか、受け入れるアイテムの種類を制限するか、いずれかの選択を迫られているのです。フィラデルフィアの状況はかつては固有の状況であったのですが、これからはアメリカ全体が直面する問題になっていくでしょう。

2
リサイクル原料の分別施設では、混入するビニール袋になやまされている。写真では、引き裂かれた袋が選別機に絡みついてしまっているのがわかる。分別の段階での大きな問題となっているのだ。
Image : Waste Management

リサイクル処理費用が急騰

フィラデルフィア道路課の環境計画部長であるスコット・マクグラスさんは、かつて市はリサイクルゴミを処理業者に販売することで、結構な収入を得ていたと教えてくれました。ピーク時の2012年には1トンあたり67ドル(約7400円)もの儲けになっていたようです。2018年1月、フィラデルフィアはゴミ処理の下請けRepublic Services(リパブリックサービス)に20ドル(約2200円)も支払ってゴミを引き取ってもらいました。夏までには、この値段は40ドル(約4400円)にまで跳ね上がるでしょう。この契約は9月に切れるため、再交渉を市が試みたとき、Republic Servicesは1トンあたり170ドル(18000円)を要求してきました

「経済的にこれはちょっと無理な料金です」とマクダクラスさん。

また、フィラデルフィアはゴミ収集・廃棄物処理最大手であるWaste Management(ウェイスト・マネジメント)社に1トンあたり78ドル(8600円)も支払ってリサイクルゴミ半分を引き取ってもらっています。もう半分は廃棄物エネルギー回収会社であるCovanta(コバンタ)が1トンあたり63ドル(約7000円)で引き受けてくれているそうです。2018年10月、リサイクルゴミは固形廃棄物と混合されCovantaが所有するチェスターシティプリモスの2ヶ所の処理場に運ばれています。

フィラデルフィアは埋め立てるのではなく、リサイクルを可燃ゴミと一緒に燃やす選択をとりました。廃棄物を燃やすことによりエネルギーが生成され、金属を抽出してリサイクルできるからです、とマクグラスさん。Covantaの企業コミュニケーション課のディレクター、ジェームズ・リーガンさんは、処理施設のシステムは異なる廃棄物を処理できるようになっているといい、リサイクルゴミが混じることで、準拠しなくてはならない空気の質には影響がないとしています。

それでもリーガンさんはこの状況が「理想のチョイスではない」とつぶやきます。

分別されたリサイクルゴミはやはりリサイクルされるべきと思います」プラスチックと紙を廃棄物発電所で処理したからといって、生成されるエネルギーが増えるわけではありません。むしろ処理量が多くなるぶんビジネスには不利です。

マクグラスさんは、焼却処理は「長期的なソリューションが見つかるまでの一時しのぎでしかない」と強調します。市が春までに策を講じてくれることを祈っているようです。「3月から4月までの間にどこかと契約をして、これまでの状態に戻るんじゃないかな。中国がしてくれたようにゴミを引き受けてくれるところがきっと現れてくれるよ」 と。

ですが、マクグラスさんはシステムそのものを変える必要性についても指摘しています。フィラデルフィアだけでなく、全米が変わらなくてはならないとも。業界全体が変わる必要があるのです。

「まず、フィラデルフィアのようなコミュニティはリサイクルされるゴミを市場に出すためには、もっとリサイクルゴミをきれいにしてから出す意識を持つ必要があります」また、都市は住民にどんなものがリサイクルできてどんなものができないのか、啓蒙を進める必要があるといいます。マクグラスさんは、人々がビニール袋をリサイクルゴミに混ぜるのをやめるだけでも、状況は改善するといいます。

使い捨て社会を改めてゴミゼロを目指す

ジャメインさんは、長いことリサイクル業界は大衆の教育を怠ってきたと嘆きます。「リサイクルを奨励するばかりで、やってはいけないことを伝えてこなかった」人々はこれにより、なんでもかんでもリサイクルゴミにつっこむようになり、「リサイクル狂」ともいえる人たちが台頭し、廃棄しなくてはならないものまでリサイクルゴミに放り込んでしまう状況が作り出されてきました。

「いろんなものがリサイクルできるようになったと聞けば聞くほど、多くの人はなんでもリサイクルできると思い込んでいったのです」とジャメインさん。今やパッケージも複雑になり、これも混乱を生み出しています。

人々にリサイクルの知識を与えることで、リサイクルの収益性は上がります。また中国の穴埋めをする業者の存在も必要です。マクグラスさんは国内の紙のリサイクルを促進するだけでも「大きな違いを生み出す」と言います。「うれしいことに、すでにその動きは始まっています。中国を含む国内外の業者が新たに製紙工場を購入したり、古い施設を整備し始めたりしています」とジャメインさん。

これらの施設がリサイクルラインに加わって稼働するまでには、あと数年はかかりそうですが。またこれにより失われた処理能力を完全に取り戻すことはできません。中国の規制でわたしたちが学ぶべきは、使い捨て社会を根本から変えなくてはならないということです。

捨てるものゼロを目指さなくてはなりません」Energy Justice Network(エナジー・ジャスティス・ネットワーク)の創設者でありディレクターのマイク・イーウォルさんは言います。イーウォルさんは、これを実現するために、出したゴミの量により住民がそのぶんの料金を負担する従量制システムと、家庭の生ゴミを肥料に変えるための生ゴミ収集、「カーブサイド・コンポストプログラム」の導入を提唱しています。

フィラデルフィアにとっては、ゴミの量を減らすことは、大きな計画のほんの一部分でしかありません、とマクグラスさん。 他のアメリカの都市と同様、フィラデルフィアは「ゴミゼロ」に向けて始動しています。2035年までに90パーセントのゴミをなくすことをその目標としています。マクグラスさんは、これまで多くの都市がゴミを減らす取り組みをしてきたといいます。ですが、これからはゴミゼロへの取り組みがもっと高まると見ています。

それでもリサイクルし続けなくてはならないでしょう。ですが都市はリサイクルによる収益は長期間見込めないという現実に直面しています。マクグラスさんは、フィラデルフィアはリサイクルで収益を得ることは「近い将来には難しいだろう」としながらも、古紙などの価格の大きな変動はこれから1〜2年のうちに収束していくだろうとしています。

さらに、使用済みガラス瓶や箱の再利用のクリエイティブな方法を模索することも、都市のおサイフと地球の健康にとっては大切なことでしょう。

ゴミゼロは果たして可能でしょうか。

    あわせて読みたい

    powered by