文鎮どころか漬物石にもなる、岩石でできたハードディスクケース

  • author 岡本玄介
文鎮どころか漬物石にもなる、岩石でできたハードディスクケース
Image: donttakethisthewrongway via designboom

これほどロックなハードディスクは見たことがありません。

ジョージア州サバンナにある、デザイン事務所のdonttakethisthewrongway。「間違った風に捉えないで」という長い名前で、作る製品も地味にウィットに富んだものばかりです。

designboomでは、その彼らが作った新製品が取り挙げられています。それは想い出化石のようにしてしまう、岩石でできたハードディスクケース。クラウドに上げるにゃ重すぎるデータをココに! ということらしいです。

重すぎるといっても、メガ/ギガバイト的な意味もあれば、センチメンタル的な意味も含まれます。たとえば子供が初めて歩いたときの映像や、卒業写真、または最愛の人から届いた音声などなど、デジタルな想い出に重さと永続性を与えるべくデザインされたのだそうです。

しかし岩石というより、アスファルトを切り取ってきたような感じですね。日本人だったら漬物石にピッタリですが、アメリカには漬物文化はありません。なので文鎮的な使い方が好ましいようです。

190319_rockhdd2
Image: donttakethisthewrongway via designboom

高い場所に置いておくと、ストーンと落ちてしまいかねません。この中には、想い出と共に硬い意志をいろいろ保存するのが良さそうですね。

Source: donttakethisthewrongway via designboom

    あわせて読みたい

    powered by