大気汚染に苦しむ韓国も人工雨でスモッグを洗い流したいみたい

  • 11,032

  • author Yessenia Funes - Gizmodo EARTHER
  • [原文]
  • 岡本玄介
大気汚染に苦しむ韓国も人工雨でスモッグを洗い流したいみたい
Image: mkmk/Shutterstock

雨で流したら、海水や地表の汚染が心配ですが。

韓国の首都ソウルは、深刻な大気汚染に対応して人工雨を降らせることを計画している最新スポット。大気質監視システムAirKoreaによれば、ソウルの粒子状物質(人の肺に摂り込まれると恒久的な損傷を与える危険な汚染物質)のレベルは、過去数日間で健康基準の35マイクログラム/立方メートルを超えているとあります。

実際のところ、粒子状物質レベルは、水曜日に1立方メートル当たり200マイクログラム近くまで跳ね上がりました。3月9日にはかろうじて標準的なレベルに落ち着きましたが……。

そこで文在寅大統領は、韓国で長年に渡り悪化している大気汚染に対して、人工雨を作る計画を進めていると発表した、とAlJazeeraが報じています。

中国のせいなので協力して!

古い石炭火力発電所を原因とした韓国由来の大気汚染もあるものの、実は大半のスモッグや黄砂は中国から流れてきているのだそうです。なので大統領は中国の協力を仰いで、この計画を進めたいと希望しています。

AccuWeatherいわく、人工雨は両国の間にある、黄海の上に降り注ぐだろうと報告しています。一応1月には、韓国の気象機関が、全国各地の海に雨を降らせようと雨雲の種を空に飛ばす「クラウド・シーディング」を試みましたが……明らかな降雨量の増加を記録することは出来ませんでした。

政府がまたいつ種を空に飛ばすのか、詳細な予定は不明なものの、韓国当局は石炭火力発電所の閉鎖を急いでいるようです。再びAlJazeeraいわく、ソウル市では緊急対策が講じられており、道路上の車両数を制限し、建設現場や発電所からの汚染物質を減らそうとしているみたい。

20190313-south-korea-artificial-rain-against-smog-02
Image: emre topdemir/Shutterstock

ほかのアジア諸国でも

一方タイ王国のバンコクでも、1月に自国の大気汚染問題を対処するため人工雨を利用しました。しかし1週間後には大気汚染で学校が閉鎖されるなど、奏功しなかったようです。彼らの方法もまた、大気中に雨雲の粒子を送り届けるシーディングでした。雨が降れば汚染が流れ落ちるはずなのですが……何気にこの方法の有効性は不明のままなのです。

明らかなのは、世界中で大気汚染の問題が頻繁に扱われているということ。Air Quality Life Indexが出した分析では、タイ王国の大気汚染は2年以上も深刻な状況なのだそう。

そして2017年にはスモッグが原因で前が見えず、致命的な交通事故が起こったインド。そこでは大気汚染により、350億ドルの経済的損失が発生した、と国際食糧政策研究所が発表しています。

状況はかなりヒドいですが、少なくともお上はやっとこの汚染問題について対処し始めています。ですが人工雨は一時的な解決であり、根源を絶たなければいつまで経ってもなくなりません。ましてや日本は韓国の隣なだけでなく、古くは中国からやって来る黄砂や、最近ではPM2.5で苦しんでいますからね。あんまし他人事じゃないんですよね。

Source: WHO, AirKorea, AlJazeera, AccuWeather, Air Quality Life Index, IFPRI

    あわせて読みたい

    powered by