SXSWに来たよ! 暑い!

  • author 山本勇磨
SXSWに来たよ! 暑い!
Photo: 山本勇磨

日本のみなさま、おはようございます!

SXSW 2019を取材するため、アメリカ・テキサス州にやってきました!

こちらの画像は、メイン会場となるテキサス州のオースティン会議センター。日中は20度を超えていて、しかも直射日光ガンガン! めちゃ暑いです!

SXSW自体は明日(3月8日)からスタートなので、今日はプレスパスを貰いにいっただけですが、ついでに会場のまわりをブラッとしてきましたよ。

Edit-3131-1
Photo: 山本勇磨

SXSWは、映画音楽テクノロジー(「インタラクティブ」と呼ばれている)の3テーマで行なわれる、世界的にも大規模なカンファレンス&フェスティバルです。僕のはインタラクティブのパスなので、残念ながら映画と音楽は取材できません。

インタラクティブだけでいうと、これから数年後に「自分ごと化」するかもしれない金の卵テクノロジーが、トークセッションや、ピッチ、トレードショーなどの多様な形式で出展されます。

IMG_3170-1
Photo: 山本勇磨

はい、オースティン会議センターの入り口です! 今日は空港からここまでLyftで来ました。

IMG_3164-1
Photo: 山本勇磨

入り口の目の前には、ソニーのブースがありました。こうして、会場の外に“ハウス”と呼ばれる単独ブースをおく企業もあります。ちなみに日本からはソニーのほかに、時計メーカーのシチズンなども出展します。

Edit-3055-1
Photo: 山本勇磨

こちらは既にやってました。

LOVOTと戯れた。テクノロジーで生まれた虚しさを、テクノロジーで埋める「便利じゃないロボット」

未来の幸せを、テックが切り開く。2018年12月18日(火)、林要さん率いるロボットテクノロジー企業GROOVE Xが、家族型ロボットを謳う「LO...

https://www.gizmodo.jp/2018/12/lovot-hands-on.html

今回、ギズモードはGROOVE X社の招待により、取材しています。GROOVE Xといえば、ペットとしての生き物を、ロボットで再現するロボティクス企業。そう、「LOVOT」でおなじみですね。LOVOTも、このSXSWに出展されます。

Edit-3080-1
Photo: 山本勇磨

会場の裏手にやってきました。

Edit-3049-1
Photo: 山本勇磨


Edit-3064-1
Photo: 山本勇磨

オースティンは超都会!って感じではないですが、中心部は高い建物も多いですよ。

Edit-3065-1
Photo: 山本勇磨

あと、電動のキックスクーターで移動している人をけっこう見るんですよね。

Edit-3071-1
Photo: 山本勇磨

こういう感じで道端に置かれていて、アプリで決済して乗れるみたい。いわゆる、シェア電動スクーターってやつ。

Edit-3152-1
Photo: 山本勇磨

そしてこちらが、会議センターの中。日本の方もちらほら見かけましたよ。明日から本番なので、今日はパンパンに人がいるわけではありません。

Edit-3153-1
Photo: 山本勇磨

ここでプレスバッチを手に入れます。

Edit-3155-1
Photo: 山本勇磨

でかいトートバッグも貰えます。

Edit-3146-1
Photo: 山本勇磨

こちらは映画パスを持っている人が見れる作品のポスター。

Edit-3139-1
Photo: 山本勇磨

あ、あと、ちょっとテンション上がったのが、オフィシャルTシャツも売ってました。

Edit-3135-1
Photo: 山本勇磨


Edit-3136-1
Photo: 山本勇磨

なんだろう。全部微妙にダサいのがまたいい。

Edit-3142-1
Photo: 山本勇磨

では、明日から頑張ります! お楽しみに!

Edit-3160-1
Photo: 山本勇磨
おまけ。会場にあった自販機です

2019年3月8日 10:30更新:一部、SXSW インタラクティブに関する情報を追記しました。

    あわせて読みたい

    powered by