2019年は80年代のおもちゃが大復活の兆し!

  • 6,680

  • author Andrew Liszewski - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
2019年は80年代のおもちゃが大復活の兆し!
Image: Spencer Platt / ゲッティイメージズ

子供の頃に持ってた『トランスフォーマー』、また集め直そうかなぁ。

私たちはたとえば、70年代から今でも続く『スター・ウォーズ』や、1984年の映画『ゴーストバスターズ』で活躍する車Ecto-1に変形する『トランスフォーマー』の発売などなど、30代、40代以上が懐かしいと思えるサブカルが今でも現役という楽しい時代に生きています。

80年代は、子供たちへの規制のないテレビ広告が作られていた時代で、記憶に残る玩具を生み出すのにも一役買いましたし、近年は80年代が舞台の『ストレンジャー・シングス』 の大ヒットもあり、とにかく80'sがアツいんですよね。玩具メーカーは古い玩具の復活を喜ばしく思っていますし、懐かしの玩具を捨て切れないおじさん世代と、今の子供たちも喜ばせることができるので一石三鳥です。

N.Y.で行なわれたトイ・フェアでは、そうした懐かしの玩具が、現代的になって復活したものがたくさん展示されていました。

レトロゲームはこれまで以上に人気で、『パックマン』はクレジットカードのサイズまで小型化され、ボール型コントローラーで操作する『ゴールデンティーゴルフ』も自宅に置けるサイズになりました。

ルビク・エルネーが発明したルービック・キューブは不動の人気ですが、電子化された「Rubik’s Tilt」は傾きで操作し、行き詰まったらヒントも出してくれるようになりました。これでもうブロックを分解したり、色のステッカーを貼り替えたりせずに済みます。

ハスブロの『トランスフォーマー』だって普通に現役です。ついでに80年代が舞台の映画『バンブルビー』人気と、シリーズ化発表が、玩具の売れ行きに拍車をかけてくれそうです。テクノな人たちに好まれて使われる子供の学習用玩具『スピーク・アンド・スペル』も格段に聞き取りやすい英語で喋るようになり、『ピクショナリー』はスマホとタブレットでハイテクになりました。

トリビアをクイズにしたボードゲーム『トリビアル・パスート』は、なんと『ストレンジャー・シングス』版が登場。これで80年代の知識が試されます。『ストレンジャー・シングス』といえば、16ビット版テレビゲームになりますし、定番の『ダンジョンズ・アンド・ドラゴンズ』化もしましたからね。2010年代後半は、玩具だけでなく文化も音楽も、ビバ80'sがナウでヤングなのです。

あわせて読みたい

powered by