サックス、カバンに入っちゃいました。「Travel Sax」でどこでも本格プラクティス

  • 14,140

  • author ヤマダユウス型
サックス、カバンに入っちゃいました。「Travel Sax」でどこでも本格プラクティス
GIF: Kickstarter

マウスピースはリアルなのかッ。

楽器練習は大きな音を出してしまうのがジレンマで、構造的に仕方がないもの。最近は電子で使いやすい楽器も増えてきましたが、エレクトロであることに加えてコンパクトさまで確保したのが、この「Travel Sax」。旅行なサックス、なにそれすごそう。

見た目や演奏方法はウインドシンセ(管楽器のように吹いて演奏できるシンセサイザー)のようにも見えますが、こやつの特徴はそのサイズ感です。

190328travelsax_03
GIF: Kickstarter

なんと500mlペットボトル(約22cm)並み! 小型ボディにサックスと同様のキー配列を詰め込み、ワイヤレスやUSBでのデバイス連携を可能としました。スマホに接続してアプリ経由で音を出せばミニマルな演奏環境が作れるし、PCと繋げばMIDIコントローラーとしても使えます。

190328travelsax_04
GIF: Kickstarter

もうひとつの特徴は、本物のマウスピースが使えるところ。アンブシュア(管楽器を演奏する際の口型)の練習ってウィンドシンセではできませんし、リアルのリード&マウスピースと電子楽器の融合ってかなり珍しいと思いますよ。よくマウスピースだけ持ち帰って家でプープー吹いてたなぁ、毛布かぶって。

YAMAHAのVenovaもリードが使えたけど、あっちはリコーダー的なアンプラグドがウリでした。あれも使いやすいけど、「Travel Sax」は電子化によって汎用性と可搬性、それに消音性を獲得。サイレントにリアルリード演奏が楽しめれば、練習も捗りますぞ。

190328travelsax_02
GIF: Kickstarter

あっという間に資金調達を達成した「Travel Sax」は、Kickstarterにて424ユーロ(約5万2500円)の出資からゲットできます。旅先でふと『Englishman in New York』のソロを吹いちゃったりなんかしたら、超イカす。

Source: Kickstarter

あわせて読みたい

powered by