USB4が発表。ややこしい規格が統一されてほしい

  • 33,589

  • author ヤマダユウス型
USB4が発表。ややこしい規格が統一されてほしい
Image: Shutterstock

「せーの!」でみんなこれにしてくれたらいいのに。

現在のUSB規格の最先端といえば、USB Type-CでおなじみのUSB3.1 Gen2。このUSB3.1の次をゆくUSB3.2(USB 3.2 Gen 2x2)がMWC 2019にて発表されたのですが、さらに次をゆくUSB 4が新たに発表されました。ぬおぉややこしい。

USB規格の仕様策定団体であるUSB-IFによると、USB 4の最大転送速度は40Gbps。おぉ、Thunderbolt 3と同じじゃないか! 先に発表があったUSB 3.2 Gene 2x2の最大転送速度が20Gbpsだから、一気にですよ。

Thunderbolt 3と同速度ということは、これまでThunderbolt 3で動かせたディスプレイやeGPUのような外部デバイスが、広く利用可能になる可能性があります。USBはオープンスタンダードゆえ、誰でも採用できるのがメリット。今後は誰でも40Gbpsが叩き出せるようになるかも?

ちなみに、USB Type-Cというのは端子の形状のことで、Thunderbolt 3とはType-C端子を使って別規格の信号を流すAlternate Modeを利用した伝送方法のことを指します。DisplayPortとしての利用もAlternate Modeですね。

USB 4の詳細は、2019年後半に明らかとなる予定。先日発表されたUSB 3.2 Gene 2x2が、なんかもうハチャメチャに複雑でしたし(規格が3つあって伝送速度も異なる)、今回のUSB 4が主流になってくれるとわかりやすくてありがたいのですが…。名前もシンプルでよき。

Source: The Verge

    あわせて読みたい

    powered by