頭にくっつけるスクリーンって何?電源不要でスマホを手軽に大画面仕様にできる「VISOR-X」が終了間近

  • 6,229

  • lifehacker
  • machi-ya
  • author メディアジーンメディアコマース
頭にくっつけるスクリーンって何?電源不要でスマホを手軽に大画面仕様にできる「VISOR-X」が終了間近
image: machi-ya

ライフハッカー[日本版]からの転載

「ゲームや映画はやっぱ大画面でしょ! 」

その意見には賛成です。でも、大きなテレビだけが手段ではありません。

ベッドなどで見るときなど、スマホサイズでの視聴はもう皆さんも慣れっこですが、そんな環境をちょっとアップグレードしてくれるガジェットがあったらいいと思いませんか?

現在クラウドファンディングサイトmachi-yaで募集中の個人専用のヘッドマウントスクリーンVISOR-X(バイザーエックス)がそんなニーズに応えてくれるプロダクト。今回キャンペーンがあと1日で終了となるので最後に改めてチェックしてみましょう。

Video: Video: VISOR-X/YouTube

スマホを大画面に変えてくれるヘッドマウント

visor-X_feather-1
image: machi-ya

VISOR-Xは一見するとPSVRやOculusシリーズのようなVRゴーグルに見えますが、仕組みはとてもシンプルなバイザー投影型のパーソナルスクリーン

VISORX_01-1
image: machi-ya
picturemessage_y5w5eim1.vbn-1
image: machi-ya

使い方はいたってシンプル。スマホをセットしバイザーを下ろすだけで100インチクラスの映像(2m距離換算)を楽しむことができます。機器自体が映像を出力するのではなく、スマホの画面をミラーで拡大して視聴する仕組み。そのため、電源などのコード接続は一切不要です

幅広い利用シーン

15495066453Js9riiFGmQHlOi1549506635
image: machi-ya

VISOR-Xは顔を覆う密閉タイプではなく、正面以外は開放状態。メガネをかけたままでもストレスなく使えるのもいいですね。

また、ヘッドマウントによってハンズフリーになるため、ソファーや寝室でのリラックスタイムから飛行機や新幹線の長時間移動でも際にも周りを気にせずドラマやアニメを自分だけで楽しむこともできます

VISORX_05-1
image: machi-ya

もちろん映像だけでなくスマホゲームにも対応。別途コントローラーは必要ですが、大人気のFPSゲームなどをより臨場感ある大画面で遊べちゃいます。

VISORX_06-1
image: machi-ya

さらに、開放型のメリットとしては周りの状況も把握しやすいという点も。

インストラクター動画を見ながらのヨガやエクササイズも楽しめます。

VISORX_07-1
image: machi-ya

そのほか、開放型のメリットはFPV(一人称視点)に対応したドローンでも活かすことが可能。一般的なVRゴーグルは目全体を覆ってしまうため没入感は高め。反面、周辺状況を目視で確認することが難しいのというデメリットも。

一方、開放型のVISOR-Xであれば目線を変えたりバイザーを上げるだけで容易に周囲が確認ができ、安全にも配慮することが可能です。

長時間利用でも疲れない構造

VISORX_08-1
image: machi-ya

人間工学に基づいた設計と255gという軽さによって、首への負担は大幅に低減。スクリーン面もスマホを直接見続けるのに比べて目の疲れを軽減する構造になっています。

VISORX_09-1
image: machi-ya

4.7~6.0インチのスマホに対応しており、カラーはピンク、ホワイト、ブラックの3色展開。複雑な電子機器でないため、設定や故障に悩まず手軽に試せるのがいいですね。スマホでの動画視聴をちょっとグレードアップしたい方には試してみる価値があるプロダクトではないでしょうか。


この「VISOR-X」は、現在クラウドファンディングサイト「machi-ya(マチヤ)」にて、 17%オフの5,396円(送料込)からオーダー可能です。キャンペーンの終了まであと1日となっています。お得なまとめ買いプランも用意されているので、気になる方は下のリンクからチェックしてみてください。

>>「VISOR-X(バイザーエックス)」の支援はこちらから

Source: machi-ya

あわせて読みたい

powered by