小さく折りたためる大容量アウトドアバッグ! 完全防水だからカメラも入れられる「SUBTECH PRO DRYBAG」がmachi-yaにてスタート!

  • lifehacker
  • machi-ya
  • author Qurumu
小さく折りたためる大容量アウトドアバッグ! 完全防水だからカメラも入れられる「SUBTECH PRO DRYBAG」がmachi-yaにてスタート!
image: machi-ya

ライフハッカー[日本版]からの転載

いよいいよ今週末からゴールデンウィーク! この休みに、アウトドアに出かけるという方も多いのではないでしょうか。

持っているとグッとアウトドアライフの質が向上するのは、完全防水のバッグ。突然の雨や、川、海でアウトドアを楽しみたいときにもありがたい機能です。その上、軽くて頑丈となれば、ますます物欲が刺激されますね!

クラウドファンディングサイトmachi-yaでキャンペーンを開始した「SUBTECH PRO DRYBAG」は、完全防水で耐塵、耐久性も備えた強靭なバッグ。気圧に強いだけでなく、気密性が高いので、水面では浮袋としても機能しますよ。

Video: SUBTECH/ YouTube

バッグの素材は防水・耐塵性において最上位等級である「IP68」を実現するTPU840Dを採用。水や粉塵がバッグに侵入することを防いでくれます。こんなバッグを持って、海に山を探検してみるのも楽しそうですよね!

気密性が高く、浮袋にも

water
Image: machi-ya

今までの防水バッグは、素材こそ防水だったとしても、いざ水につけるとジッパーや継ぎ目などから浸水するものも。

でも「SUBTECH PRO DRYBAG」は完全防水バッグ。水中で手を話したら浮かんでいくため、浮袋としても利用できます。

zipper
Image: machi-ya

使用されている気密性の高いジッパー(Air-tight zipper)は、防水・防塵で大気圧変化に強く、高度5500メートルに相当する500mbar/7psi(約0.5気圧下)でのテストを実施し、水分や結露から電子機器を守れるということが実証されています。大気圧変化にも強い作りなので、山にも持っていけそうですね。

SCKRzXfQ
Image: machi-ya

一般的な防水のドライバッグは開口部がジッパー以外を使用することも多いのですが、「SUBTECH PRO DRYBAG」は通常のバッグと同じように空け締めしやすくなっています。

軽量な上に、小さく折りたたむことも

smartpacksystem
Image: machi-ya
-BH5cs6g
Image: machi-ya

高機能なバッグなのに、使わない時は小さく折りたたむことが可能で、片手で持てるほどコンパクトになります。

収納に役立つオプションも

_P43RlLA(1)
Image: machi-ya

また、専用の仕切りをオプションにて選択できます。カメラやシューズなど、バッグの中を整頓して収納できれば、持ち運んでいるときも中がゴチャゴチャにならず安心ですよね。

「SUBTECH PRO DRYBAG」は完全防水なので、カメラを持ち歩く際も機材を破損させることなく、かつ濡らすことなく運ぶことが出来ます。

45L寸法②
image: machi-ya

サイズは二種類から選択可能。45Lまで詰め込むことができて、質量が1,240gのタイプと、

100L寸法②
image: machi-ya

容量100Lで、重量1,660gがあるので、リターンからお選びください。それぞれ容量は異なりますが、性能やデザインは大きく異なりません。


ドイツで毎年開催されている世界最大級のスポーツ用品展示会「ISPO MUNICH」で、2016年~2017年のアクセサリー部門ファイナリストとしてアワードを受賞。素材だけでなく、ジッパーなどにもこだわった「SUBTECH PRO DRYBAG」、ぜひチェックしてみてください!

「SUBTECH PRO DRYBAG」は、現在クラウドファンディングサイト「machi-ya(マチヤ)」にて、両サイズ共に15%オフで、容量45Lタイプ 45,590円、容量100Lタイプ56,590円からオーダー可能となっています。詳細は下のリンクからご覧ください。

>>「SUBTECH PRO DRYBAG」の支援はこちらから

Souce: machi-ya

あわせて読みたい

powered by