Amazon、不在時に荷物をガレージの中に配達してくれるサービスを開始

  • author Adam Clark Estes - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
Amazon、不在時に荷物をガレージの中に配達してくれるサービスを開始
Image: Amazon

初期投資と会費が必要ですが、泥棒被害に遭わない!

利便性というのは簡単に実現できるものではありません。かつては荷物が届いたらサインをしたものですが、規則が緩和されてから、玄関先に置かれた荷物が盗まれないかどうかハラハラする日々を過ごすことになりました。ちょっと前には、元NASAの技師がHomePodの箱で泥棒撃退ガジェットを作ったくらい。

今Amazon(アマゾン)には、いろんな配達オプションがありますが、先日開始されたサービスには、荷物を持った家主と面識のないAmazonの配達員が、自宅のガレージを開けて荷物を置いていってくれるものが含まれているとのこと。

Video: Chamberlain Group /YouTube

「Key for Garage」という名の通り、プライム会員の自宅にあるガレージのに配達してくれます。配達員は荷物にあるバーコードから開閉するコードを読み取り、外からガレージを開け、中に荷物を置いたら閉めて配達完了となるのです。

専用デバイスが必要

これでもう軒先泥棒の被害に遭うことはなくなりますが、この新サービスを使うには、80ドルのChamberlain社製「myQ Smart Garage Hub」というデバイスが必要になります。これは専用アプリを使って、スマートフォンをガレージのオープナーにするもので、Amazonの配達員はこれを使って配達先のガレージを開けるというワケなのです。

カメラで様子を監視できる

「Key for Garage」は、自家用車のトランクに荷物を配達してくれる「Amazon Key In-Car」といった画期的な配達方法の仲間入りをする形になります。

もしも他人に自宅のガレージを開けられることを快く思わない場合は、Amazonのクラウド・カメラでガレージ内を監視することもできます。しかしながら、玄関扉を開けて配達してもらう通常のAmazon Keyプログラムとは違い、ガレージの場合のクラウド・カメラは追加オプションとなっています。

「Key for Garage」を使ってみたいと思う人は、まず自宅のガレージが対応しているかを、特設サイトにて調べる必要があります。そこにはガレージドアの種類やメーカー、Wi-Fiの有無と郵便番号を選択・入力する画面があり、その下には値引きされた「myQ Smart Garage Hub」購入ページのリンクもあります。

配達員は厳選された人材

いくらAmazonの人間だとて、もしも赤の他人がガレージに入ってくるがイヤな人は、昔ながらの方法でウォルマートに買い物に行くのが安心でしょう。ですがAmazonの広報から、米Gizmodoに対して“配達員は安心できる人達を雇っています”、という旨のメールが届いています。

Amazonは、どんな人の家やガレージにも他人を侵入させたいとは思っていません。「Key」はプライム会員に、身元調査が徹底的に行なわれ、背景をシッカリ確認した配達員により、ただ扉の内側に配達させる、というオプションをご提供しています。

配達員は実際に家やガレージの中には入らず、お客様はその全行程をクラウド・カメラで見ることができます。加えてお客様の気が変われば、配達員が玄関先で荷物をスキャンする直前まで、キャンセルすることが可能となっています

ガレージが開くときはアプリにお知らせがきて、カメラを通してリアルタイムで配達の様子を確認できます。それでもカメラは追加で購入しなくてはいけないというのは……さすがAmazonは商売上手だなと思います。

Source: YouTube, Amazon (1, 2)

    あわせて読みたい

    powered by