インストールするとWi-Fiパスワードなどが流出! 危険なAndroidアプリが発見されました…

  • 57,984

  • author Dell Cameron - Gizmodo US
  • [原文]
  • 湯木進悟
インストールするとWi-Fiパスワードなどが流出! 危険なAndroidアプリが発見されました…
Photo: Tom Pennington / Getty

まだ普通にダウンロード可能だし…。

もはや、スマートフォンのアプリには、どのようなところからどんなものが出されているのか、その全容をつかむのは不可能なくらい膨大な種類があります。そして、残念なことに、たとえGoogle Playアプリストアからダウンロードしたとしても、すべてが安全というわけではないんです。

無料Wi-Fiアプリだと思ったら自分のWi-Fi情報が流出してた

このほどTechCrunchは、GDI Foundationのセキュリティ研究者らによって発見された、なんとも怪しげな「WiFi Finder」というアプリの危険性を警告しました。

これをインストールすれば、公共のホットスポットのパスワードなどが判明し、無料でつなげるWi-Fiを見つけ出せるというフレコミなのですが...なななんと、いつも自分が接続している家のWi-Fiルーターパスワードまで、SSIDや位置情報などと一緒に公開してしまうと判明!

その収集された情報をまとめたデータベースが少し前までオープンになっていたそうで、これから情報を悪用する人物が現われるのではないかと恐れられていますよ。

WiFi Finderをダウンロードしたユーザー数は、すでに全世界で10万人を超えており、200万か所のWi-Fiへの接続パスワードが勝手に収集されたそうです。つまり、このアプリをダウンロードして自宅のWi-Fiへ接続していたユーザーの多くは、自宅の位置情報とともにルーターのSSIDやパスワードが流出してしまった危険があるんだとか。いますぐパスワード設定を変えない限り、この情報を入手した人が自宅を突き止めてネットワークへ侵入し、接続機器を乗っ取ったり、そこから不正なプログラムやマルウェアを大量配信したり、はたまた重要な個人情報などが盗まれたりすることへつながるのでは? そんな懸念が高まっていますね。

ちなみに、WiFi Finderを開発したとされるProofusionなる中国企業の実態は、まったく明かされておらず、いまだに世界各地でアプリの配信も続いているようです。

WiFi Finderのプライバシーポリシーを調べると、かなりあやふやな記述もあります。こんなアプリにスマートフォンの個人情報やコントロールへのアクセス許可してインストールするのは、ユーザーとしていかがなものか? そういう厳しい指摘もあるみたいですよ。

マルウェア入れてるユーザーは900万人以上

いま、とりわけAndroidスマートフォンユーザーをめぐっては、そのセキュリティの問題が次々と明らかになってきています。

たとえば、今年に入って、マルウェア関連のアプリに感染しているAndroidユーザーは、世界で900万人を超えるとの警告が出されました。また、200万人以上がダウンロードした、22種類のAndroidアプリは、勝手にスマホブラウザの画面を開き、とある広告をクリックするように仕組まれていると指摘されたことも。

Googleは、危険なアプリをGoogle Playストアから締め出す努力はしているものの、イタチごっこにすぎない現実も否めません。インストールする前に、本当にこのアプリを使っても大丈夫か? きちんと調べることを習慣にしたほうがよさそうですよね~。

Source: TechCrunch

    あわせて読みたい

    powered by