Appleをかつて率いたインダストリアルデザイナーたちがぞくぞくと辞表提出

  • 37,740

  • author Adam Clark Estes - Gizmodo US
  • [原文]
  • Kaori Myatt
Appleをかつて率いたインダストリアルデザイナーたちがぞくぞくと辞表提出
Image: Getty

クパチーノになにやら不穏な動きがあるようです。

Wall Street Journalによれば、Apple(アップル)のデザインチームの中核となるメンバーたちがぞくぞくと辞表を提出しているようで、その中にはiPhoneのデザインを手がけた人たちもいるとのこと。情報によれば…「彼らはここまでだ(they're done)」。これが何を意味するのかも誰にもわからないそうです。

IDチームの終幕?

匿名のタレコミによりWall Street Journalが入手した情報によれば、リコ・ゾルケンドルファーとダニエル・ド・ウリイスがすでに辞職しており、ジュリアン・ホーニッグもすでに辞表を提出、数ヶ月後に辞職する予定との情報。これらのメンツはスティーブ・ジョブスが健在だった頃にデザインチームに加わった仲間たちで、いずれもインダストリアルデザインチームの頭文字とみられる「ID」で知られるチームのメンバーたちでした。

また、このグループはジョナサン・アイブが率いるグループでもあり、一度「ID」の常任を2015年に解除してApple Parkキャンパスのデザインへと異動したものの、2017年12月から再び「ID」を率いています。

Appleにとってハードウェアは二の次?

ここから何が読み取れるか? ここ数ヶ月のAppleを見れば、Appleはハードウェアからサーピスへと製品の中核をシフトしつつあることがわかりますね。 iPhoneを作り上げてきたようなすぐれたポートフォリオを誇るインダストリアルデザイナーの猛者たちは、Apple MusicやApple News+の立ち上げには正直興味ないのかも。Appleのハードウェアに対する野心は次第に薄れてきている感があり、自動運転やら拡張現実やらが未来のテクノロジーとして取りざたされているんですけどね。

米Gizmodoの質問に対し、Appleはすぐには回答しませんでした。

辣腕を鳴らしたAppleのデザイナーたちはどうして辞めてしまうのか。もう会社がつまらなくなってしまったから? それは本人たちにしかわかりません。Appleのインダストリアルデザインに未来が見出せなくなってしまったから? 真意は謎に包まれています。Appleの宇宙船のようなキャンパスがジョナサン・アイブの最後の仕事になってしまうのでしょうか。 それは時間が経てばわかるでしょう

    あわせて読みたい

    powered by