Apple産の謎レトロマシン「W.A.L.T.」が動作してる…

  • 8,131

  • author 塚本直樹
Apple産の謎レトロマシン「W.A.L.T.」が動作してる…
Image: Sonny Dickson

なにコレ…。

現在販売されているプロダクトが生まれる前には、企業によるさまざまな試行錯誤が存在します。今回動作する実機が登場したのは、Apple(アップル)が25年以上前に披露した謎のマシン「W.A.L.T.」です。

Video: Sonny Dickson/YouTube

Sonny Dicksonの説明によれば、1993年にMacworld Bostonにて披露されたこのW.A.L.T.。「Wizzy Active Lifestyle Telephone」の略称となるこのW.A.L.T.は、タブレット端末の始祖のような外観をしています。本体にはいくつかのボタンが存在し、スタイラスによるタッチ操作が可能なんですね。

そして内部ではMac System 6が動作し、FAX機能やアドレスブック、オンラインバンキングへのアクセスなどが可能だとしています。お、意外と高性能ですね。動作がラグラグなのは、開発された時代を考えれば仕方ないでしょう。

また、このW.A.L.T.は電話会社のBellSouthが、「PowerBook 100」のパーツを使って作成したものだそう。しかしプロトタイプのみが製作され、販売にはこぎつけられなかったとしています。このW.A.L.T.のアイディアが現在の「iPad」につながったのかな…なんて、想像してみるのも面白いですね。

Source: Sonny Dickson via MacRumors, YouTube

    あわせて読みたい

    powered by