人工子宮の技術がどんどん進化してる

  • 7,653

人工子宮の技術がどんどん進化してる

超早産児を救うために。

オーストラリアと日本の研究グループは、いつかたくさんの赤ん坊の命を救うかもしれないブレイクスルーを2017年に発表しました。彼らは人工子宮に入れたヒツジの早産児の命と健康を維持して、深刻な合併症なしの「出産」に成功。そしてそのチームが先月末に、今度は超早産児のヒツジの生命を保てるようになったとして、技術の躍進を発表したのです。

母胎に代わって早産状態のヒツジを育てるバッグ

この人工子宮はex-vivo uterine environment (生体外子宮環境、EVE) セラピーと呼ばれるもの。枕カバーほどの大きさの、透明な袋です。

胎児はEVEに入れられると、定期的に濾過され交換される殺菌済みの人工羊水に包まれます。そして点滴によって、アミノ酸のような不可欠な栄養素と抗生物質といった投薬を定期的に注入。この子宮は、二酸化炭素を排出して新鮮な空気を送りこむ肺の役割も果たしています。

4週間も子ヒツジを育てることに成功した人工子宮、その仕組みは?

https://www.gizmodo.jp/2017/05/aritificial-womb-succeeds.html

ヒツジの胎児は成長スピードが早いという違いはあれど、子宮内での発達がヒトと似ているということから、出生前のヒトを研究するモデルとして使われます。およそ38週間(9カ月)に及ぶヒトの在胎期間と比べ、健康的なヒツジの新生児は通常21週間(5カ月)ほど、あるいは21週間に満たない期間で産まれまるとか。

現代医療の限界を超えるチャレンジ

同チームによるEVEを使った以前の実験を含め、人工子宮の研究はこれまで妊娠15週間~16週間ほどのヒツジの胎児を使っていました。大まかに言えば、これはヒトの赤ん坊でいう後期早産児(妊娠34週~37週未満の出産。通常より4週間~6週間ほど妊娠期間が短い状態)に相当します。

こういった胎児は産まれたら間違いなく特別な治療が必要になりますが、現代の医療技術なら生存率はおよそ90%。その一方、生育の境目だと考えられている22~24週の間に生まれた赤ん坊の生命の維持という点では力不足です。

しかし、人工子宮では正常な発育との大きな差を埋められるので、もし人工子宮が実用化されることがあれば、こういった赤ん坊たちこそがその恩恵を受けることになります。

同チームは先月、この新たな研究をThe American Journal of Obstetrics & Gynecology (AJOG)で発表。新たな一歩を踏み出した、初めて研究成果だと語っています。

超早産児のヒツジを普通のヒツジと同じように生育

妊娠12週(95日)のヒツジの胎児8頭がおよそ5日間(120時間)EVEに入れられることに。彼らの健康状態は、対照群となる妊娠100日のふつうのヒツジの胎児と比較されていました。

超未熟児のヒツジのうち、EVEセラピーで5日間にわたり生命を保てたのは最終的に7頭。生存したヒツジは対照群と同じくらい健康的かつ発育しており、EVEがこういった特に虚弱な胎児に対しても十分なほどに子宮の環境を模倣できたことを示しています。なお、両グループは比較のため、100日時点で安楽死させられたとのこと。

この研究の上席著者で西オーストラリア大学の産婦人科の准教授でありWomen and Infants Research Foundationのthe Perinatal Research Laboratories所長Matthew Kemp氏はプレスリリースの中で、「AJOGの論文で、私たちはこの技術を用いることで、人間の妊娠期間24週に相当する超早産児のヒツジを5日間にわたって安定した正常な発育状態で支えられたと初めて証明した」と語っています。「この成果は、同技術を生育の境目で産まれた超早産児に臨床応用できる可能性を明確に示している。人工胎盤技術の世界で事実上不可能だと考えられていたことを、我々は可能にした」とのこと。

人工子宮の改良という理論的には何十年も前から存在していたコンセプトが大きく前進したのはKemp氏のチームだけではありません。フィラデルフィア小児病院の研究者たちは、2017年に独自の人工子宮「バイオバッグ」についての研究を発表しています。この技術はヒツジの胎児を最長で28日間支えることができ、正常に発育したヒツジとして成長させることに成功。このヒツジの胎児らは、2017年時点でも生きていました。

しかしながら現時点で、ヒトでの試験は何年も先の話だろうと考えています。それに技術的なハードルは別として、研究者たちはこの技術が結局のところは自然分娩にとって代わるつもりである、あるいは中絶の権利を制限するといった意図しない結果になり得るという批判をかわさなくてはなりません。

フィラデルフィア小児病院のAlan Flake氏は2017年に研究を発表した際、「近い将来でさえ、胚形成期から胎児をサポートできる技術はない」と語っていました。

Source: Bellybelly, National Institute of Child Health and Human Development, AJOG, Tohoku University

    あわせて読みたい

    powered by