令和のパソコンはバックパック型がメインストリームになるかも?

  • 10,904

  • author 三浦一紀
令和のパソコンはバックパック型がメインストリームになるかも?
Image: アスク

これもモバイルPCと呼んでいいのかな。

一昔前、高性能デスクトップPCを背中に背負い、眼鏡型ディスプレイを顔に取り付けるという、本気なんだかジョークなんだかわからない「究極のハイスペックモバイルPC」なんてやっている人がいましたが、それがジョークじゃなくどんどん進化しているようです。

ZOTAC VR GO 2.0」は、背中に背負うバックパック型PC。VRコンテンツを楽しむことを念頭に開発されています。

190419VRGO2-02
Image: アスク
190419VRGO2-03
Image: アスク

VRコンテンツを楽しむ時って、いろいろなケーブル類が邪魔だなと感じること、ありますよね。でもこの製品ならば、ケーブルの煩わしさを感じることはありません。

マシンパワーが必要なVRコンテンツ用ということで、スペックもかなりモリモリ。CPUはIntel Core i7-8700T、グラフィックはNVIDIA GeForce GTX 1070。OSはWindows 10 Proとなっています。メモリは16GB(MAX 32GB)、240GBのSSDが搭載されているほか、2.5インチ SATAスロットを1基搭載しているので、増設も簡単です。

バッテリーの連続駆動時間は約1.5時間。重量は約4.8kgとなっています。

気になる放熱性ですが、綿密なエアフロー設計により、身体と逆方向に排熱することで、不快感を軽減しています。

190419VRGO2-04
Image: アスク

ちなみに、本体のLEDの色はカスタマイズ可能。筐体ごとに別な色を割り当てることができるため、複数導入時に判別しやすくなります。ゲームセンターとかアミューズメント施設などで役立ちそうですね。

市場予想価格は39万9800円(税別)。楽天ブックスでは28万円ほどで販売されています。VRをとことん楽しむには、これくらいかかっちゃうのかな。高いんだか安いんだかよくわかんなくなってきた。

まあ、もしかしたらあと数年、数十年したら、こういうPCが当たり前になって、街をこういう感じのものを背負った人が普通に歩いてたりするかもしれません。SF感あるわー

Source: アスク via 価格.com

    あわせて読みたい

    powered by