中国で作られたクローン警察犬。親犬は実績があるので訓練時間を短縮できるらしい

  • author Victoria Song - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
中国で作られたクローン警察犬。親犬は実績があるので訓練時間を短縮できるらしい
Image: Getty Images

クローン犬は警察学校の夢を見るか?

2019年3月初めのこと、訓練のため中国昆明の南西警察署に、新しい警察犬が入学したそうです。それくらいならニュースにもならない普通のことですが……実はその仔犬、CHINADAILYによりますと中国初のクローン警察犬なのだそうです。

生後2カ月のKunxun(昆勳)は昆明犬という種類の犬のメスで、昨年9月12日にHuahuangma(化煌馬)という7歳の熟練警察犬の皮膚から採取した体細胞で作ったクローンとのこと。そして受精卵が北京に運ばれ、代理母のビーグル犬の胎内で育てられました。

関係する機関

この計画は中華人民共和国公安部と昆明警犬基地、雲南農業大学、それに昨年より中国で初めて動物のクローン業務を始めた、バイオ技術企業Beijing Sinogene Biotechnology Co Ltd.(北京希諾谷生物科技有限公司)によって主導されました。ちなみに同社は、中国で有名な俳優犬ジュースのクローンを作ったことでも知られ、およそ610万円で犬のクローンを行なっています。

作った理由

昆勳は初のクローン犬ではありませんが、生まれた理由は警察犬の育成にかかる時間と費用を削減するためだとXINHUANETが伝えています。そして中国共産党のメディアCHINADAILYいわく、中国での警察犬育成は4~5年の期間と、およそ820万円かかると綴っています。

昆明警犬基地の科学者Wan Jiusheng氏は、CHINADAILYにこうコメントしています。

警察犬のクローン作成は、まだ実験段階です。我々は今後10年で、成熟した技術で能力の高い警察犬を大量生産したいと望んでいます。

またこのプログラムでは、能力の高い警察犬の体細胞を50年間保存でき、優秀な警察犬にすぐ繁殖させるための優良警察犬のグループを作る施設を設立する計画もあります

なんだかSF映画の世界ですね。どこまで本当かわかりませんが、クローン犬は、親犬からの記憶は受け継ぎませんし、まったく同じ様に行動すると信じられる理由もほとんどありません。躾の手間が省けるのでしょうか?

かつてクローン犬を作った大物歌手

歌手のバーバラ・ストライサンドは、愛犬サマンサのクローンを作ったことがあります。ですが先代とは違った性格を持っていたとのこと。The New York Timesには、こう書かれています。

犬の外見をクローンすることは出来ますが、魂までは複製できません

とはいえ、遺伝子的な記憶で、先代が受けた訓練を受け入れやすいってことは、あるかもしれませんね。

寿命の懸念

別の可能性として、産業上またはサービス上の理由から「遺伝的に優れている」クローン動物を作るという発想には、加齢に耐えられるかどうか? という問題があります。

Smithonianは、世界初のクローン羊ドリーは、平均寿命の半分である6歳で死んでしまったと伝えています。とはいえ科学者たちは後々、それはクローンだったのが理由ではないことを見出しています。

ほかにも初のクローン犬スナッピーは10年生きたものの、親犬と同じ癌で死んでしまいました。現在はスナッピーの子孫を観察し、クローン犬の健康状態や寿命について調査が続けられています。


昆勳はまだ生後2カ月で入学したばかり。報道の通りであれば、嗅覚と探索テスト、それに見知らぬ環境に適応できたことで、先代から受け継いだ良い素質を見せたとのこと。今後の活躍が楽しみですが……彼女が優秀であれば、中国ではこれからクローン警察犬が大量に作られることでしょうね。

Source: XINHUANET, CHINADAILY via MOTHERBOARD, REUTERS, SCIENTIFIC AMERICAN, The New York Times, Smithonian, SCIENTIFIC REPORTS
Reference: 百度

    あわせて読みたい

    powered by