NASA:月のどこを掘ってもけっこう水あるっぽい

  • 7,485

  • author 岡本玄介
NASA:月のどこを掘ってもけっこう水あるっぽい
Image: NASA Goddard/YouTube

そのうち「ムーン・ウォーター新発売!」とかあり得るかも?

月面はどこを掘っても微量の水があることを、科学者たちが発見しました。月の大気と塵などの環境状態を調べる探査機「LADEE」が、2013年から2014年にかけて、月面に流星群が降り注いだときに地中から蒸発した水を観測し、そのデータから判明したそうですよ。

Video: NASA Goddard/YouTube

映像によりますと、月面に約7.6cm積もっている乾燥した塵の下には水が内包されており、小さな流星が激突した衝撃で上の層がえぐれ、その衝撃波により下から水が蒸発するとあります。「LADEE」はその水蒸気を検知し、隕石の衝突時と一致していることを突き止めました。

かつて、宇宙開発を目論むAmazon(アマゾン)のジェフ・ベゾスCEOは、月面についてこう語っていました。

一部のクレーターの底には氷が眠ったままなんだ。水があれば酸素を作ることができる。電気を使って水素と酸素に分けると、呼吸もできるしロケット燃料にもなるんだ

氷のあるクレーターにいかずとも、ちょっと掘れば水分が確保できるのであれば、今後も各国の月面開発に拍車が掛かりそうですよね。蒸気を原動力とした宇宙船「WINE(World Is Not Enough)」の実現性もグっと高まりそうです。

Source: YouTube

    あわせて読みたい

    powered by