なぜ今? イーロン・マスクがゴリラのハランベ追悼ラップ・ソングを発表

なぜ今? イーロン・マスクがゴリラのハランベ追悼ラップ・ソングを発表
Image: Alberto E. Rodriguez / Getty Images Entertainment / ゲッティイメージズ

R.I.P. ハーランベー♪

2016年5月に、居住エリアに落ちた子供を引きずり回したため、子供の安全を優先すべく射殺されてしまったゴリラのハランベ。社会問題になったのち、ファンメイドの格闘ゲームの主人公になったり、陰謀論もささやかれたりと斜め上の展開もありました。

そして今なぜか、スーパーCEOのイーロン・マスク兄貴がそのハランベの追悼ソングをラップで歌う、シングルが発表されました。

当時はハランベをネットミームにすることが差別的だなどという風潮もありましたが、時が過ぎ往くと共に忘れられていったハランベ。なのにそんな問題を、あれから3年経った今、イーロンはほじくり返すかもしれないのです。

ネットの反応は冷ため

この「RIP Harambe」は、架空のEmo Gというレーベルからリリースされました。兄貴はSOUNDCLOUDへのリンクと共に、ジンのボトル「ボンベイ・サファイア」のラベルを丸パクリしたグラフィックをツイートしています。

「安らかに眠れハランベ、ボンベイ(・サファイア)を啜る、天国への道を行く、アーメン、アーメン、僕らは君のことを想っているよ」なんて歌詞ですが、一度聞いたらグルグルと脳内無限ループに陥りそうなキャッチーさ。

一応、兄貴のガールフレンドは、ミュージシャンのグライムスだと知られていますが、この1曲だけでステージに上がることはないでしょうね。

リリースされた土曜日の夜、Twitterでは「警告:もしイーロン・マスクのハランベの歌を聞いたら以降20年間悪運がつきまとう呪いにかかるぞ。君はそれに見合う人だ」なんて罵る人もいれば、「ほとんどの人は金持ちになって満足するけど、イーロン・マスクはクールでおもしろい人になりたいようだ。そして彼はクールでおもしろくなることはできないし、だからこそ私を満足させてくれる」といった発言も飛び出しています。

兄貴はこういうコメントが出てくることは想定内だったことでしょう。高評価をもらえる曲ではないようですが……。

歌ってる場合か?

イーロン・マスクは和解合意書に署名したあとなのにも関わらず、Teslaについて不確かなツイートをした件で証券取引委員会と戦っており、それは今週も広がるだろうとのこと。CBSニュースいわく、イーロン・マスクが契約違反をしたかどうかは、4月4日に裁判所で行なわれる審問で判決が下るだろうと報じています。それによっては、更なる罰金の支払いやSNSの使用制限、またはTesla社のCEOの座を剥奪される可能性もあるとのこと。

この歌については、言及されないと思いますが……どうなることやら?

Source: Twitter (1, 2, 3), SOUNDCLOUD, Rolling Stone, CBS

    あわせて読みたい

    powered by