Appleが紛失防止タグを開発中? 財布もiPhoneで探せるようになるかも

  • author 塚本直樹
Appleが紛失防止タグを開発中? 財布もiPhoneで探せるようになるかも
Image: Kaspars Grinvalds / Shutterstock.com

これは欲しい。

Apple(アップル)純正の周辺機器が、また増えるかもしれません。海外では、AppleがTileのような紛失防止タグを開発しており、さらに検索アプリを統合するとの情報が伝えられています。

9toMacによると、現在Appleでは「B389」と呼ばれるデバイスが開発されています。これはTileのように他の製品にとりつけ、iCloudにて同期。そして所有者からタグが離れすぎると、通知が発信され忘れ物防止になる、というものです。

また、自宅などを非通知地域に設定することで、不要な通知を受けとらない設定も可能。さらに、タグの位置は家族や友人と共有することができます。また、タグ内に連絡先情報を書き込み、他人のAppleデバイスで読み取ってもらうことでオーナーが通知を受け取ることもできます。まさに、市販の紛失防止タグの機能を全部盛り込んだ、といった製品になりそうです。

そして、「Find My Friends」と「Find My iPhone」アプリの統合もすすめられているそう。これはコードネーム「Green Torch」と呼ばれており、検索機能が進化。なんとWi-Fiや携帯ネットワークにつながっていなくても、追跡が可能だそうです。また、機器を「紛失モード」にしてサウンドを再生することができます。

検索は家族だけでなく友人間でも可能で、他人にリクエストを送ったり、また特定の場所に到着/離れたときに、通知を送ることもできるそう。アプリはiOSでもmacOSでも動作するMarzipanアプリとして、現在エンジニアによって検証が進められています。

残念ながら、今回の紛失防止タグやアプリの統合がいつ登場するのかの正確な情報はありません。ただし、今年9月のイベントで発表される可能性もあるとのこと。僕なら、やっぱり自分のお財布にタグを貼り付けて紛失防止に役立ててみたいですね〜。

Source:9to5Mac

    あわせて読みたい

    powered by