超短命、Google AI倫理諮問委員会解散の舞台裏

  • 5,046

  • author Bryan Menegus - Gizmodo US
  • [原文]
  • Kaori Myatt
超短命、Google AI倫理諮問委員会解散の舞台裏
Image: David Ramos/Getty

AIと倫理。

モラルあるテックを目指そうとGoogleが作った委員会がシリコンバレーで大騒ぎを呼んでいます。さて、AIの倫理って一体なんでしょう。たとえばAIの軍事や武器への使用、顔認識の安全性、機械学習の公平性、データ保護などがそれにあたります。人種で不公平な結果がでないような機械学習や、個人情報を守った顔認識の採用など、これからは企業ももっと慎重になる必要がありますね。


Google社員からのブーイング

Googleが設置したAI倫理諮問委員会が一週間という短命で解散することにあいなりました。さて一体何が起こったのでしょうか?

なんだかんだと物議を醸したこの委員会、なんとメンバーが不適切であるというGoogle社内からのブーイングと突き上げに会い、委員会自体が不適切を認めた形。

Advanced Technology External Advisory Council (先進テクノロジー外部諮問委員会)略して「ATEAC」は、8人のメンバーから成る委員会でした。軍事ドローンの参画もしかり、中国市場向けの政府検閲つき検索製品の構築もしかり、AI分野における倫理問題は今頻繁に取りざたされています。そこに一歩踏み込んだGoogle。

このATEACには国会議員に新聞記者、もちろんGoogle社員も参加していますが、どうやら、しょっぱなからATEACは出足をくじかれていたようです。

倫理委員会にふさわしくない人

Googleにはすでに社内のAI倫理原則を置いており、多くの社員がそれを守っていないのが問題であるようなんです。それで設置された ATEACというわけなんですが、メンバーはテックに詳しい学者ばかりではありませんでした。どうも保守系シンクタンク・ヘリテージ財団の所長、ケイ・コールズ・ジェームス氏がメンバーに含まれていることに物言いがつきました。

なんでも、彼女はトランスジェンダーや同性愛に偏見を持っているよう。そんな人は倫理委員会にふさわしいはずがないと、Google社内でジェームス氏の委員就任反対行動が勃発。この原稿をしたためている現時点でGoogle社内で集めた委員除名を願う嘆願書に署名した人たちは2500 人を超えているそう。Google社員はみるみるうちに結束を高め、Googleが会社として倫理の道を外していることに対し、抗議の声明を表すようになっていったのです。

ニュース・オピニオンサイトVoxのKelsey Piperの 報告によれば、委員会はすでに解散したとのこと。Googleが米Gizmodoに送ったコメントによれば、「現在の状態では、 ATEACがその目的に適った活動ができることは望めないということが明らかになった。諮問委員会は解散。またイチから計画の練り直し」とのこと。

Source: Vox

    あわせて読みたい

    powered by