ハリウッドの実写版『AKIRA』、やっと制作が進むか?

  • 9,926

  • author Beth Elderkin - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
ハリウッドの実写版『AKIRA』、やっと制作が進むか?
Image: dekitateyo/Shutterstock.com

もしや東京五輪に合わせて?

世界規模でファンがいる、カルトクラシックSFディストピア漫画/アニメ『AKIRA』。実写化の話が持ち上がってからかれこれ10年以上が経ち、いまだに期待と不安の中、暗礁に乗り上げている状態です。

2017年9月の段階では、『マイティ・ソー バトルロイヤル』でメガホンを取ったタイカ・ワイティティ監督が、ワーナー・ブラザーズと交渉中という話がありましたが…それは今でも続いているようです。

決定事項アレコレ

映画撮影の支援を行う機関カリフォルニア・フィルム・コミッションは、2008年から進まずにいるこのプロジェクトが、ついに、全シーンがカリフォルニア州内で撮影されることを発表しました。ちなみに劇中の舞台は、翌年に五輪開催を待ち望む「ネオ東京」なのですが。

撮影の予定は未公開なものの、18,00万ドル(約20億円)の税額控除を受け、撮影期間については、DEADLINEが2カ月半と少しくらいになるだろうと伝えています。プロデューサーは最近になって、俳優のレオナルド・ディカプリオと、『アメリカン・スナイパー』などを手掛けたアンドリュー・ラザーに決まったそうです。

ワイティティ監督と『AKIRA』

また DEADLINEいわく、タイカ・ワイティティ監督は超絶な『AKIRA』ファンということもあり、長い交渉期間を経ても尚、候補に挙がっているとのこと。

監督は2017年に、『AKIRA』についてのウワサについて語ったことがあり、「リメイクではなく漫画を元にしたい」、「興味はあるが交渉はもうしていない」などとコメントしていました。これまでの10年で、ほかに何人もの監督が候補に挙がっており、最近ワイティティ監督も超多忙であるものの、一番適任なのはファンを公言し、斬新な撮影方法も編み出す彼ではないか? と思われます。

ワーナー「まだ始まらないよ」

米Gizmodoがワーナー・ブラザーズにコメントを求めたところ、「まだゴーサインを出していない」と返答がありました。確かに決まったことがいくつかあれど、決まっていないことのほうが多そうですもんね。

俳優陣が誰になるのかも気になりますが、原作のガン無視や『ソー』みたいに小ギャグばかりブチ込まず、オリジナルに忠実であると嬉しいなぁと思います。

Source: DEADLINE, /Film

    あわせて読みたい

    powered by