太陽風の中にブニョブニョしたようなプラズマ構造を発見。ラヴァ・ランプみたい

  • 6,223

  • author Ryan F. Mandelbaum - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
太陽風の中にブニョブニョしたようなプラズマ構造を発見。ラヴァ・ランプみたい
ラヴァ・ランプ Image: Aaron Kuhn/Wikipedia

映画『ブロブ/宇宙からの不明物体』みたいなヤツですかね。

皆さんは、サイケデリックなインテリアの代名詞みたいなラヴァ・ランプってご存知ですか? ガラス瓶の中に封印されたスライムが、下から照らす電球の熱でムニョ~ンと伸びて色水の中をゆったり泳ぐ照明器具です。

そしてこのたび、科学者たちが太陽風の中に、地球の500倍もの大きさの、ラヴァ・ランプ的に不定形でブニョブニョしたようなプラズマの構造を発見したのだそうです。しかも1970年代に打ち上げた、1対の宇宙探査機のデータに助けられて、です。


私たちはいまだに、太陽が宇宙空間に何を放出したのかを良く知りません。なので2018年からパーカー・ソーラー・プローブを打ち上げ、太陽をもっと理解しようとしているほど。

ジャーナル・オブ・ジオフィジカル・リサーチによる論文では、パーカーの観測によって「太陽風の形成についての、より包括的な調査」が提供されるであろう、と書いています。

太陽風に2種類の流れが定義される

そして2019年4月5日、科学者たちは地球にやってくる太陽風を「速い」「遅い」の2種類の流れに分けることにしました。とはいえ、これは実際の速度よりも、太陽風が持つ物質によって区別されるそうです。「速い太陽風」は、太陽の外側の層に似た構成要素を持ち、プラズマに覆われた太陽の中でも、低温で密度が低いコロナホールから噴出されます。一方で「遅い太陽風」は、密度と内包される元素の種類が異なる場合があるのだとか。

そこで科学者たちは、太陽の周りにあるさまざまな要素を持つ、「遅い流れ」を学習しようとしました。これはとても大変な作業で、彼らは太陽から遠く離れた地球にて、太陽からやって来る“高密度のプラズマの領域”を測量しました。それはコレといった形を持たず、伸び縮みするスライムのようなものらしいのですが、科学者たちはあまり太陽の近くでデータを取得する機会に恵まれなかったのです。

ちなみにWikipediaでは、「太陽風は水素イオンが95%を占めており、残りはヘリウムとその同位体等の様々なイオン及び電子となっている」とあります。なのでブニョブニョした領域というのは、それらが織りなす不定形で柔らかな波のようなものなのかなと思われ、それを一言で表すとラヴァ・ランプのような「ブロブ」となってしまうのでしょう。

1970年代のデータが活きる

そこで調査チームは、1980年代からデータの送信が止まったままの太陽探査機、「ヘリオス1号」「ヘリオス2号」から得た証拠を追加しました。この1対の探査機は、NASAと当時DFVLR(ドイツ航空宇宙研究所)だった現DLR(ドイツ航空宇宙センター)が1974年と1976年に、太陽が放出する粒子を調べるべく打ち上げたもので、これら2機は、かつて地球の磁気圏に降り注ぐソレとソックリな、宇宙空間にある高密度のブニョブニョした領域を発見しているのです。しかもそれは、およそ1.5時間毎に太陽から湧き出ているというのです。

NASAの声明文では、探査機が備えた機材を理解するため、ドイツ語の取説を読み解いたりと、最新の研究の裏では、何十年も前のデータも精査しているのだそうです。ですがそうした苦労が報われ、ブロブの繋がりとそれらが合体するであろう、潜在的な位置が解明されたのです。


すでに運用が終わった探査機ですが、彼らが送ってくれた30年前のデータが今でも活用できるというのは驚きです。そして超巨大なブニョブニョがどんなモノなのか、もし肉眼で見られるものなら見てみたいものです。

今後はパーカー君がコロナに触ったり、太陽風の謎を解き明かしてくれることを期待したいですね。

Source: AGU100, EurekAlert!
Reference: Wikipedia

    あわせて読みたい

    powered by