NASA、衛星破壊テストで宇宙ゴミを大量に撒き散らしたインドにブチ切れ

  • 46,762

  • author 岡本玄介
NASA、衛星破壊テストで宇宙ゴミを大量に撒き散らしたインドにブチ切れ
Image: Khairil Azhar Junos / Shutterstock.com

NASA長官「インドなにしてくれてんの!?」。

2017年に世界最多のミニ衛星104基を一気に打ち上げることに成功したインド。宇宙競争に参加したい彼らですが、3月27日に、軍事力を証明するために自国の人工衛星を撃墜した、とINTERESTING ENGINEERINGが報じています。なんでも、ナレンドラ・モディ首相は「インドは現在、宇宙大国である」と公言しているんだとか。

さらに The Guardian によりますと、その撃墜の報せを受け、NASAの長官ジム・ブライデンズティーンが「酷い、あまりにも酷いことだ」と嘆いているようです。何故ならその破壊行為により、低軌道上に400個もの宇宙ゴミを撒き散らすことになり、ひいては国際宇宙ステーション(ISS)への脅威が生まれてしまったから。

そのインドの衛星撃墜ロケット計画「ミッション・シャクティー」の概要がこちらです。

Video: Rajya Sabha TV/YouTube

粉々になった破片は大小さまざま。NASAは10cm以上のものは約60個が追跡できているものの、それ以下の小さいものは追跡しきれないようです。

ISSが飛んでいる高度は408kmですが、撃墜された衛星がいたのは300kmとかなり離れています。なので破片のすべてが脅威になるわけではないものの……現在確認できているだけで24個の破片がISSより高い位置に飛んで行ったのでした。

NASAによる調査では、そうした破片がISSにぶつかる可能性は、10日間で44%増加したとのこと。とはいえその多くは大気に入ると燃え尽きるため、そのリスクは徐々に減退していきます。


もしこのせいでISSが壊れたりしようものなら、ホントに宇宙戦争が起こってしまうかもしれませんね。しかも原因が「イイとこ見せようと後先考えなかったインドのせい」とか、虎視眈々と宇宙征服を狙う中国からしたら、どんな思いでしょうか?

Source: INTERESTING ENGINEERING, The Guardian, YouTube

    あわせて読みたい

    powered by