NASAの宇宙飛行士、女性で最長記録の328日間宇宙滞在へ:「夢が叶いました」

  • author George Dvorsky - Gizmodo US
  • [原文]
  • 塚本 紺
NASAの宇宙飛行士、女性で最長記録の328日間宇宙滞在へ:「夢が叶いました」
ISSのChristina Kochさん。Image: NASA

328日か...(遠い目)

国際宇宙ステーション(ISS)に滞在するChristina Kochさんはつい先月ステーションに到着したばかりの宇宙飛行士です。そしてつい先日、彼女のステーションの滞在があと10カ月は続くということが決定しました。これによって彼女の滞在は現時点の推計では328日になる予定です。これは女性による宇宙滞在としては最も長い新記録なんです。

NASAが発表したところによると、KochさんはISSにおけるミッション59、60、と61に参加することが決まりました。3月14日に到着したKochさんですが、これらのミッションをすべて終えた後、2020年2月に地球に戻ってくることになったわけです。来年2月まで宇宙に滞在...

Video: NASA / YouTube

とてもすばらしい気持ちです。こうなる可能性があることは前から知っていましたが、私の人生で非常に価値があると信じてきたプログラムに継続して参加することができると知り、本当に夢が叶った気分です。プログラムに貢献することができ、できるかぎり長い間、毎日、私のベストを尽くすことができる、それは真に光栄なことであり、夢の実現です。

と彼女はNASAによって公開された動画の中で語っています。

他にも、今夏にISS参加するAndrew Morganさんの滞在延期、そして9月に予定されているJessica Meirさんの初宇宙飛行もNASAは発表しています。

女性宇宙飛行士による328日間の宇宙滞在。Kochさんが更新する予定の最長記録ですが、現時点では2016年から2017年にかけて288日間滞在したPeggy Whitsonさんの記録が最長となっています。NASAによる男女全体の記録で最長記録は2015年から2016年にかけて340日間滞在したScott Kellyとなっています。Kochさんの滞在日数は男女全体の記録にもかなり近づくわけですね。NASA以外も含めると1994年から1995年にかけて437日間、ミール宇宙ステーションに滞在したロシア人宇宙飛行士Valeri Polyakovが最長記録の保持者となります。

長期の滞在が行なわれることで、微重力や放射線、閉じられた空間での生活、そして二酸化炭素の増加といった、宇宙での勤務環境が人間の健康に与える影響についての重要なデータを集めることができます。NASAが持つデータが増えることで個人差、男女差についてもどんどんと理解が深まるわけです。最終的には火星、その他に人間を送る際の判断材料として、非常に重要な役割を果たすでしょう。

「長期間の宇宙飛行において、宇宙飛行士たちは驚くべきほどの適応性と回復力を見せます。そのため、健康でパフォーマンスを発揮する準備ができた宇宙飛行士たちによって探求ミッションが成功できるわけです。250日以上宇宙に滞在する飛行士たちの数が増えてきたことで、NASAが学んだことを基盤に進歩をしたいと思っています。Christinaのミッションが延長されたことでNASAの人間研究プログラムが得るデータが増え、そして月や火星に行く今後のミッションのサポートとなり続けるでしょう」とNASAのJohnson Space Center人間研究プログラム主任科学者であるJennifer Fogartyさんは声明の中で述べています。

2020年2月まで地球に帰らない。その一点だけでも宇宙飛行士たちのタフさがよぉく伝わってきます。

source: NASA

    あわせて読みたい

    powered by