AI同士で競い合う新ゲーム『ポンマーマン』が、意外なところで期待されてる

  • 9,451

  • Mugendai
  • author 渡邊徹則
AI同士で競い合う新ゲーム『ポンマーマン』が、意外なところで期待されてる
Image: Shutterstock

「ボ」ではなく「ポ」です。

今や聞かない日はないAIという言葉。その多くは、ビジネスやテクノロジーの最先端など、素人には縁遠い世界でのお話ですよね。しかし、AIを使った面白そうなゲーム大会の話題が、IBMのWebメディアMugendai(無限大)で特集されていましたよ。何だかどこかで聞いたことのあるルールですが…。

爆弾を設置しながら逃げ続けるAIゲーム。実は超高等技術だった

記事で紹介されていたのは、AI同士を競わせる『Pommerman(ポンマーマン)』というゲーム。11☓11のマス目上で、キャラクターが移動したり爆弾を設置したりしながら生き残りを競い合うというもので、このキャラクターがAIによって動かされているというわけです。

ファミコン世代にとっては、どこか懐かしさを感じるこのゲーム。実は世界大会まで開催されているそうで、2018年の優勝と3位は、IBM東京基礎研究所の日本人メンバーだったとのこと。

IBMのすごい研究者がそんなゲームで遊んでるなんて...と言いたいところですが、実はこのゲーム、とても大きな可能性を秘めているそうなんです。

まずこの『Pommerman』は、これまでにAIが進出してきたチェスや囲碁と比べても、はるかに難易度が高いのだそう。しかも、同ゲームの持つ「環境を予測できない」「次の一手を考えるための時間が短い」といった特徴は、人間の生活に近いともいえるそうです。

たとえば、車の運転中にボールが転がってきたら「子どもが出てくるのではないか」といったことなど、人間はさまざまな場面であらゆる可能性を瞬時に予測してアクションを決定しているのですが、それって実はとても高度なことなんですって。

この人間の判断力に近づくことは次世代AIの課題で、『Pommerman』はその大事な過程なのだそうです。IBMのみなさん、ただ爆弾ゲームで遊んでるだけではなかったんですね…。失礼しました。

将来的には、自動運転などの分野への応用も期待されるという次世代AIの話題は、Mugendai(無限大)よりぜひ続きをお楽しみください。

Source: Mugendai(無限大)

    あわせて読みたい

    powered by