1987年に書かれた曲が2001年にドイツで演奏を開始。終わるのは2640年

  • 13,242

  • author 岡本玄介
1987年に書かれた曲が2001年にドイツで演奏を開始。終わるのは2640年
Image: Glockengiesser/YouTube

世界最長の曲のひとつですって。

アメリカを代表する現代音楽の作曲家、ジョン・ケージ。実験的な楽曲を書く彼は、4分33秒の間まったく演奏をすることがない『4分33秒』などで知られています。

そのケージは、世界最長の曲というのも書いています。それが『オルガン2/ASLSP』。この曲は1987年に書かれ、2001年9月5日(ケージの89歳の誕生日)にドイツのハルバーシュタットにあるブキャルディ廃教会にて、639年の時間をかけるオルガン版の演奏が始まりました。

Video: Glockengiesser/YouTube

曲名にある「ASLSP」は、「As Slow as Possible」、つまり「可能な限り遅く」という意味を持っています。

演奏時間は奏者に委ねられる

Wikipediaでは、ピアノ用の『オルガン2/ASLSP』だと演奏時間は20分~70分で用意されているとありますが、FutureTimeline.netによりますと、オルガンで演奏するバージョンだと、639年という長い時間を演奏することになるとあります。しかも! この演奏は最初17カ月の沈黙で始まったので、最初に音を出したのは2003年2月5日だったというのです。

たまに和音が変わる

映像ではずっとひとつの和音が「ぶぉーーーー」っと鳴るだけですが、6本のパイプが1~2年毎に違うコードに切り替わるとのこと。そして2030年までには、21の和音が奏でられるようになるそうです。

一応、この教会でこの曲が終わるのは2640年9月5日となっています。とはいえほかの場所では、演奏者の匙加減でサっと5分で終わらせることも、12時間でも無限時間でも演奏することも可能です。こうなると、楽器が劣化するか演奏が終わるかのガマン比べになりそうですよね。

和音が変わる日は、Wikipediaに記載されています。もしその歴史的な瞬間に立ち会えそうなら、ぜひとも教会に立ち寄ってみてください。

Source: YouTube via FutureTimeline.net
Reference: Wikipedia

    あわせて読みたい

    powered by