お金持ち限定! 公開直後の映画が自宅で観られる配信サービス

  • 10,159

  • author Victoria Song - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
お金持ち限定! 公開直後の映画が自宅で観られる配信サービス
Image: Getty Images

お金持ちでもハードルが高い!

我々一般庶民からしたら、天上人のような億万長者。彼らはいろんな特権を持っているかと思われますが、お金の力で、公開中の最新映画自宅で楽しめる配信サービスというのが存在するのだそうです。

それが「Red Carpet Home Cinema」というもの。なんと1本につき、1,500ドル~3,000ドル(約16万7000~33万4000円)という視聴料を支払います。

クレカの限度額が重要

ですがお金を持ってりゃ誰でも会員になれるのかというと、そうでもないのです。厳正な審査を経て、サイトに認められないと会員にはなれません。

The New York Timesによりますと、まず申請者はクレジットカードの限度額が5万ドル(約557万円)ないといけませんし、1万5000ドル(約167万円)もする違法コピー防止機能付きの受信機を設置する必要があります。

場所も制限

しかも、このサービスはL.A.N.Y.でしか視聴できないのです。いくら億万長者でも、それ以外の場所にいたら利用できません。

サイトのFAQ(よくある質問)ページでは、「いずれ市場を広げる」と書いていますが、まだまだ先のことのようです。“2019年中は会員数を制限します”とあります。

視聴料は時価

彼らいわく、視聴料は不定的(に変更される)とあります。つまり回らないお寿司屋さんと同じく、時価ということなのでしょう。

最新映画は低めの数千ドルで、どんなに安くても500ドル(約5万5700円)以下には下がりません。にも関わらず、視聴期限は36時間以内2回と制限されています。

主要スタジオと契約

彼らが契約しているのは、ワーナー・ブラザース、パラマウント・ピクチャーズ、ライオンズゲート、アンナプルナ・ピクチャーズ、20世紀フォックス、フォックス・サーチライト・ピクチャーズといったハリウッドのスタジオたち。

現在サイトで配信しているのは、たとえば『シャザム!』、リメイク版『ペット・セマタリー』、エルトン・ジョンの伝記ミュージカル『ロケットマン』、『名探偵ピカチュウ』といった大作が並んでいます。

過去にも似たサービスはあった

とはいえ、これはそんなに目新しいサービスではなかったりします。Napsterのショーン・パーカーと、facebookが数年前に始めたScreening Roomというのがあり、1本50ドル(約5,600円)で家庭に配信していました。同様に2013年にはPrima Cinemaというサービスがあり、これは3万5000ドル(約390万円)の受信機をインストールし、1本500ドル(約55万7000円)で視聴できるというものでした。

Red Carpet Home Cinemaはちょっと違う

ですが「Red Carpet Home Cinema」がちょっと違うのは、設立者がかつてチケットマスターにてCEOを勤めたフレッド・ローゼン氏と、かつてワーナーでコンサルタントを勤め、国内流通部門の社長をしてきたダン・フェルマン氏という、映画畑出身の金持ちビジネスマンたちで、映画業界に混乱ををもたらすことなど望まないという点です。

彼らは何人の億万長者を会員にしたいのかなど、わからないことが多いのですが、The New York Timesのインタヴューでは「もし4,000人の会員がいれば、年間3億ドル(約334億円)を生み出せるだろう」と答えています。ほかにもローゼン氏は、こう話していました。

これはニッチなサービスです。業界を改革するには、わたしは歳を取り過ぎていますからね。でも、スタジオが、我々から年間2500万~4000万ドル(約44.5億円)の収入を得ることが出来たら、それは降って湧いた金になるでしょう

お金持ち優遇が、回り回ってスタジオの資金になり、良い映画ができて庶民が楽しめる、という“富の再分配”的なサイクルになれば良いですね。

劇場動員数は減少するばかり

劇場所有者協会(NATO)の資料を見ますと、2017年の映画館入場者数は12.3億人まで減少し、1995年以降最低となっています。ですが2018年には13億人と少し盛り返したものの……チケット代の値上げとNetflix、Hulu、そしてAmazon Prime Videoのような配信サービスの普及が、庶民を劇場へ足を運ぶ機会を少しずつ奪っています。

一応MoviePassSinemaなど、劇場が発行する定期券サービスがあります。日本でも最近、大手がチケット代の値上げを発表しましたし、どこも厳しいようですね。


Source: Red Carpet Home Cinema, The New York Times (1, 2), Los Angeles Times, engadget (1, 2), NATO

    あわせて読みたい

    powered by