地獄みたいなTwitterよりRSSの方が良い

  • 15,399

地獄みたいなTwitterよりRSSの方が良い

情報が押し寄せる今だからこそ、ちょっとゆっくりしませんか?

Twitter(ツイッター)やFacebook(フェイスブック)などのソーシャルメディアは、常に新しい情報であふれています。地震が起きた、近所で火事が起きた...そんな一刻を争う事態でも即座にニュースを得ることができます。しかし同時に、そういったメディアは大きな問題も抱えています。それは情報の過多有害なノイズです。常に誰かが何かを呟いているので、タイムラインはひっきり無しに更新されるし、場合によっては差別やヘイト、フェイクニュースなどを含む意見に大量に晒されることも

しかし、米GizmodoのTom McKay記者は、その代替案としてちょっと古いテクノロジーをオススメしています。


Twitterが地獄と呼ばれるのには理由があります。

冷笑、エゴ、いわれのない中傷、訂正されないプロパガンダ、性差別、人種差別、ヘイト…これらで満たされているのはTwitterだけではありませんが、特にTwitterは絶え間がありません。このプラットフォームを不健全にしている大きな原因は、そのスピードと止めどなく流れるタイムラインでしょう。私のような奇特な人間に好まれているTwitter所有のクライアントTweetDeckを開くと、リアルタイム更新のおかげで情報の津波に飲み込まれるかのようので、ちょっと見ているだけでも疲労してしまいます。

私たちの多くは仕事上の理由でTwitterを使っていて、中には使わずにはいられないという人もいます。そこで今回は、古くてクールではないけど、Twitterの代わりとなりうるものを紹介したいと思います。

ソーシャルメディアは情報過多

2019年現在、私たちはソーシャルメディアの海に溺れています。そこでアカウントを閉じたり最低でも使用時間を減らそうとしている人が増える中、私がおすすめしたいのは、アルゴリズムに突き動かされるフィードやタイムラインの時代に忘れられたもの、RSSです。

RSSは、ニュースサイト、ポッドキャスト、ブログなどからフィードを構成し、RSSリーダーに表示する技術群です。ある種タイムラインとも言えますが、落ち着いて読める程度のスピードで流れるし、FacebookやTwitterのように理解不能な気まぐれで表示されるのではなく自分でコントロールできるし、ソーシャルメディアを形作る多くの有毒なノイズは入り込みません。皆さんに言いたい。RSSはまだ使えます。使えるだけでなく、Twitterよりもいいところがたくさんあります

スローだからこそ良い

20年前の今頃、ドットコムバブル末期にRSS(Real Simple Syndication)は開発され、Google(グーグル)によってGoogle Readerが廃止されたり、シリコンバレーのソーシャルメディアがその役目を取って代わったにも関わらず、しぶとく生き続けています。Google Readerの死から6年、RSS自体の繁栄と衰退に関して様々な記事が書かれています。

重要なのは、RSSはいまだに健在だということです。それだけでなく、Twitterで気分を害している時、RSSはより健全な代替サービスとなりうるということです。特に情報過多の今ならなおさら。

表面上のTwitterのサービスとは、秒刻みでニュースを提供することです。でも考えてみてください。秒刻みでニュースが必要な時なんて、実際にはほとんど無いはずです。大抵の場合、280文字で断片的な情報を得るより、誰かが情報を吟味した上で書いた 、全容を理解できるような記事の方が有益だと思います。理想はそれをニュースサイトで得ることですが、多くはいまだにRSSフィードを取得可能です。たとえばGIZMODOだって、今もRSSを配信しています。[Gizmodo US/ギズモード・ジャパン

RSSの利点は、スローではないのにスローと感じられることです。記事が投稿されてすぐにRSSリーダーから読むことができますが、それ以上のスピードはそもそも必要でしょうか?それで得られるのは、津波のように押し寄せる思いつきの感想や適当なぼやきだけです。

あくまでも代わりとなるもの

別に、私がすべての答えと持っているとは思いません。自分自身、Twitterを完全にやめる気はありませんし、これはソーシャルメディアを完全に絶って僧侶になればいいと極論で解決する話でもありません。それも悪いアイデアではなさそうですが。

ソーシャルメディアは、ある時点をすぎると便利なツールから煩わしい障害に変わります。私はあくまでその代替案を提供しているのです。少なくとも私自身の心の健康のために。「スローウェブ」を求める動きは以前からありますが、最新のニュースを起こった直後に得たいと思うことは悪いことではありません。ただ、そこにはバランスが必要だと思うのです。RSSはそのバランスを提供してくれます。

方法は簡単です。まずはRSSリーダーを選びます。私のお気に入りはFeedlyNewsBlurです。iOSアプリがより優秀なので、私はNewsBlurを選びますが、どちらもポピュラーで優秀なので試してみてください。結果的にはどちらも同じ目標を達成します。

次にフィードを探します。初めは多くても10個くらいでいいと思います。フィードの更新スピードが自分に合っているかどうかを確かめるにはこれくらいが丁度いいでしょう。遅すぎるならもっとフィードを足せばいいし、速すぎるなら減らせばいいのです。私の場合はもっとフィードの対象を絞ります。例えば、New York Timesそのものは1日に大量の記事を発行しますが、その中でもテックのページだけを登録すれば、より自分向けな記事だけが表示されます。登録したいサイトのURLをリーダーにペーストすれば、それだけで登録は完了するはずです。

もしRSSだけでは物足りないなら、オンラインのコンテンツ探しを手伝ってくれて、精神的に負担をかけないツールは他にもあります。

まず、RSSリーダーを補うツールとして私が使うのがNuzzelです。これもRSS同様比較的古くてスローです。でも、何度も言いますが、スローには良いこともあるんです。NuzzelはあなたのTwitterアカウントを参照し、過去数時間、あるいは数日でもっともシェアされた投稿のみを表示します。あなたのフォローしている人たちがもっとも重要だと思ったニュースだけを、条件反射で書かれた雑音に惑わされずにざっと見通すには最適のサービスです。

さらに古い技術も再興しつつある

スローテックの世界では、現在RSSよりも古い技術が流行しています:メールマガジンです。誰ものお父さんが一つは購読しており、New York Timesでもこの現象が取り上げられていました。その時点で古くてクールじゃないことは明確ですね。完璧。

メールマガジンは、Twitterの欠点を回避しながら同じ利点のいくつかを提供できます。もしあなたが特定の話題ーテック、バスケットボール、国防、メークアップ、なんでも良いのですがーのためにTwitterにいるなら、専門のサイトや個人でやっている人で同じようにTwitterが嫌いな人などから、それぞれに対してちゃんとしたメールマガジンが発行されているはずです。情報とリンクをメールボックスに受け取ったら一日の行動を始めれば良いのです。それならソーシャルの渦巻きに巻き込まれることもありません。

メールマガジンの場合、登録にはいくつか方法があります。まず、あなたの好きなニュースサイトやブログは大抵ホームページからメールマガジンに登録できるはずです。多分、行く度に出てくるウザいポップアップでご存知と思います。他にも、現在活発なメールマガジンにの裏にはいくつかのスタートアップが絡んでいます:SubstackRevueです。両方のサイトに行って、興味のある話題をみてみましょう。

結局のところ、ソーシャルメディアから完全に逃れることはできないでしょう。私にとっては仕事の一環だし、そういう方は他にも多いはずです。私たち哀れな子羊たちも、あるいは望んでオンラインに一日中いる人たちも、時にはスローになって見るべきだと思います。それで失うものなんて無いんですから。

あわせて読みたい

powered by