建物がピザに!? SnapchatがARの新機能を追加

  • author Victoria Song - Gizmodo US
  • [原文]
  • Kaori Myatt
建物がピザに!? SnapchatがARの新機能を追加
Image: Snapchat/YouTube

今日は何にしようかな。

私の昭和の友達はあまりやってないみたいなんですよね、Snapchat(スナップチャット)。年代なのか、私のSnapchat上の友達の数は10人で、そのうちの3人はティーンの子どもを含めた家族。家族以外の友達はすべて子どもの友達...さみしすぎる...。私のストーリーを見てくれるのも息子だけ。

せめて生まれたのがミレニアム世代だったら思いっきり満喫できてたのに。ひとりでやってても面白くないんですが、息子がどこにいるかなど確認できて便利だし、とにかく顔のARが面白い。そんなわたしの愛する平成のSnapchatが令和の幕開けに向けて新機能を追加したらしいです。米GizmodoのVictoria Songがお届けします。


Snapchatアプリに新機能が追加

Snap Inc.が時代を先取りしようと、 Snapchatアプリに新機能が追加されました。拡張現実(AR)デベロッパプラットフォームとゲームプラットフォームもその中に含まれています。

これは、ロサンゼルスで開催された第一回Snap Partner Summitで発表されたもの。 まず、Snapの新しい機能「スキャン」をご紹介しましょう。

これはユーザーがARを通じて外界とインタラクションを図れるプラットフォームです。Snap Inc.は算数の問題を解くカメラアプリのPhotomathと、GIFメーカーGiphyとパートナー提携。Snapchatアプリで算数の問題を撮影すると、回答が得られるようになるようです(わたしたち、生まれる時代を間違ったようですね)。また写真を撮って被写体を面白いGIFに変えることもできるようになりました。たとえば、ピザを撮影して、踊るピザのGIFを作ったりできるようになります。

Video: Snapchat/YouTube

いろんな機能をとじこめた「スキャン」

Snapchatのアプリでは、今でもカメラでShazamを起動させて曲名をチェックしたり、Amazonで買い物したりできるようになっています。スキャンはそれらの機能をひとつのアプリに閉じ込めてパッケージにしたようなもの。

新しいARバーから起動できます。 また、新しいランドマーカーAR機能では、ニューヨークはマンハッタンのランドマークであるフラットアイアンビルディングなどの建物を大きなピザに変えたりできるんです。そのほかにも建物を歪めたり、建物を擬人化して虹や花火や花ふぶきなんかを吐かせることもできます。

AR以外では、Snap Gamesプラットフォームが追加され、ユーザーはリアルタイムでマルチプレイヤーゲームを遊べます。これはFacebook Messengerのインスタントゲームによく似ていますね。でもFacebookでは外部で開発されたゲームを採用していますが、Snapはオリジナルゲームを使うようです。たとえばBitmoji Partyというゲームは、自分や友達そっくりのBitmojiでマリオパーティをするような感じ。またZynga、ZeptoLab、PikPokといったゲーム会社との提携も発表しています。

Video: Snapchat/YouTube

オリジナルゲーム機能でユーザー離れを阻止

これらの新しい機能はユーザーをインスタグラムに奪われるのを阻止できた直後に発表されています。それでもSnapchatのユーザー離れはとまりません。CBS Newsによると、2018年の第4四半期に1億9200万ドル(約214億5011万)の売り上げを失っています。どうもSnap Inc.はこの新機能の追加で巻き返しを図ろうとしているようですが。

TechCrunchのレポートによれば、経営陣は今期は広告収入アップを目指しユーザーの増加を図ることに注力するよう方向転換しているとのこと。チャットに関係ないAR機能やゲームを強化することで新ユーザーを獲得するつもりのようです。Snap Inc.がレンズを超えてAR機能をどうマネタイズするのかまだ明確ではありませんが、 ゲームプラットフォームにおいては、ゲーム内のパワーアップやボーナスなどで6秒の広告動画を見せにかかる計画もあるみたいです。

新しくて楽しい機能が追加されるので、みなさん、Instagramに乗り換えるなんて言わないでSnapchatを使ってあげてくださいね〜。

    あわせて読みたい

    powered by