中国で一番ダウンロードされているアプリは「社会主義、習近平、共産党のクイズアプリ」

  • author Melanie Ehrenkranz - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岩田リョウコ
中国で一番ダウンロードされているアプリは「社会主義、習近平、共産党のクイズアプリ」
Image: Kevin Frayer/Getty Images

アプリで人民が監視されている!?

1億人以上が利用している中国のAppleストアで、一番ダウンロードされているアプリは、社会主義、習近平国家主席と共産党についての勉強できるアプリなんだそうです。「Study the Great Nation」という名のそのアプリは、なんと中国共産党中央宣伝部とアリババの共同開発。『毛沢東語録』もリンクされていて読めるようになっているんだとか。

ポイントシステムが生活に直結

このアプリでは、ログインして記事を読むとユーザーはポイントをゲットできるのですが、高いポイントをゲットするためにはクイズを受けたり、アプリについていいコメントを残したりするとまたポイントがもらえる仕組み。はやりポイントが稼げたりランキングが出るとなると、人はがんばってしまうものです。

学校、会社、行政などでもこのポイントシステムが大きく影響していて、会社でアプリをどれくらい利用しているかで従業員のランキングを決められたり、毎日従業員に強制的にポイント数をスクショして送るように言っている雇用者まで出てきているそう

ポイント次第で天と地の差

「毎日最低でも30ポイント獲得するように言われています。記事を開いたり、動画を再生するとポイントがもらえるので開きっぱなしにしてポイントを稼いでいます」と新聞のインタビューに答えるユーザーも…。

そしてNew York Timesによると、アプリを上手に使うための勉強会を開いたり、ちゃんとポイントが稼げない人には反省文を書かせるなどしている行政の事務所もあるとのこと。ポイントがたくさんある人は、割引を受けられたり、観光地で入場料が無料になったりすることもあるんだそうです。

中国共産党中央宣伝部は、このアプリを使用しているユーザーの名前、写真、ビデオなど、個人情報を管理しています。そしてユーザーはアプリを使ってメール、電話、ビデオチャットもできるそうです…ということは、中国共産党中央宣伝部はその会話やメールもすべて把握していることになりますね(お、おそろしい)。

Source: New York Times

    あわせて読みたい

    powered by