『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー』が終わったからといって、これまでのキャラクターが見れなくなるわけではないみたい

  • 9,374

  • author Germain Lussier - io9
  • [原文]
  • 岩田リョウコ
『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー』が終わったからといって、これまでのキャラクターが見れなくなるわけではないみたい
Image: Aaron Lim / Shutterstock.com

スカイウォーカー・サーガ、最後の一作。

ついに予告編が解禁された1977年に始まったスカイウォーカー・サーガの完結編となる『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー』。このサーガが終わってしまうということは、「これまで起こった事、そして登場してきた愛すべきキャラクターたちが一旦終了なの?」と心配でしたが、ルーカスフィルムの社長Kathleen Kennedy氏が「と、いう訳ではない」と説明してくれました。ホッ。

「直近の三部作で私たちが作り上げたキャラクターたちを、この先のエピソードでももちろん見たいと思っている」とのこと。しかし今後のエピソードに必ずしも登場させるわけではなさそう。

「(2019年後半サービス開始予定の動画配信サービス)Disney+との大きな機会も待っているし、もしかしたらもっと小さくて、より細かいストーリーにしていくかもしれない。11月に公開が控えている『ザ・マンダロリアン』もありますしね。こういう機会を与えられて、私たちに何ができるか、その可能性にとてもワクワクしています」とKennedy氏は話しています。

ということで、おそらくDisney+でもこれまでのキャラクターを見られる可能性もありますし、本、コミック、ビデオゲーム、アニメ、VRといろんなものがあるので、そこにスカイウォーカー・サーガの皆さんが登場してきてくれることでしょう。

とは言うものの、未だはっきりと決定はされていない状態で、Kennedy氏は「スカイウォーカー・サーガを終わらせて次はどこへ向かうかを見極める時期」だと語っています。レイ、ポー、フィン、ローズ、これからも見たいなぁ。でもね「はるかかなたの大きな銀河系」なんで、終わりはただの終わりじゃないんです。新しい始まりなんです。楽しみですね、エピソード9! スター・ウォーズ/エピソード9』の公開日は12月20日です

    あわせて読みたい

    powered by