YouTube「過激なコンテンツはYouTube上では成功しない」という謎の声明

  • 5,164

  • author Jennings Brown - Gizmodo US
  • [原文]
  • 塚本 紺
YouTube「過激なコンテンツはYouTube上では成功しない」という謎の声明
YouTube screencaps

ユーザーは過激なものに弱いわけですよ...

問題のあるコンテンツをユーザーにお勧め表示していたことを批判されたYouTubeが、声高々に出張したい新しい発見があるようです。それは、過激なコンテンツはYouTube上で成功しない、というもの。

YouTubeは認めないけど、過激な動画はよく見当たる

Bloombergが火曜日に公開した記事によると、YouTubeで問題のある動画がユーザたちに対して推薦されていることを従業員たちが警告したものの、エグゼクティブたちは他の事柄よりもエンゲージメントを重要視し、彼らの警告を無視したようです。それに対してYouTube広報担当者が出してきたのが、上記の妙な主張です。「一般的に過激なコンテンツは(YouTube上で)成功しない」とBloombergに伝えています。

これを読んで、YouTubeの最高プロダクト責任者であるNeal MohanがNYタイムズ紙のインタビューでオンライン上のユーザーの過激化について語った時のコメントを思い出す人もいるかもしれません。「YouTubeのおすすめ動画を通じて視聴者たちは過激な(コンテンツが次々にオススメされてしまう)”ウサギの穴”に落ちていってしまうのではないか」と質問され、YouTubeのシステムはそのようにはデザインされていない、と回答しています。「ほかの種類のコンテンツに比べて、過激なコンテンツのエンゲージメントが高いわけではない」とまで言っているのですが...。

このようなコメントを読むと、彼がYouTubeであまりビデオ見ないのではないか、もしくは彼が言う「過激なコンテンツ」というのは我々が考えるものとまったく違っているのではないか、と疑いたくなります。というのも、YouTube上でちょっと調べるだけでも、過激で刺激の強い動画は常に、高い再生回数を誇るビデオ群の中に含まれているからです。

著名チャンネルでも過激動画はよく見られている

たとえば、フォックスニュースのYouTubeチャンネルを例に見てみましょう。もっとも再生回数が多いビデオには、「キッチン包丁で警察官を襲う男性」、や「「銃弾が放たれた!」局長への暴行をボディーカメラがとらえた」、「ヨルダンの基地で米兵が中で打たれる衝撃の動画」、「警告、残酷な映像:道のど真ん中での銃撃戦で死者」:そして、非常に人種差別的な「ワターズ・ワールド:チャイナタウン版」などが含まれます。

フォックスニュースは保守派のメディアですが、彼らだけではありません。リベラル・メディアであるCNNのチャンネルでも、もっとも再生回数の高いビデオには次のようなものが含まれます。「イラクにおけるISISの処刑か:銃弾飛び交う中、隠れる生徒を映す動画」「残酷なテロリストの動画はハリウッドの技術を使っていた」「新しいISIS戦闘動画」「ISIS兵が投稿する新しい処刑動画」そしてフロリダの学校における銃乱射事件犯人による、SNS投稿を扱うもの、などです。

同じように、Breitbartのような極右チャンネルやThe Young Turksのような左よりのチャンネルで検索をしてみても、再生回数が高いビデオには過激なコンテンツが含まれます。ましてやそもそもタブロイド的に炎上を狙ったコンテンツでビジネスを行っているDaily Mailのようなメディアは言うまでもありません。

CEO自らFacebookでも起きていていることを解説

いかがわしく、過激なコンテンツが常に人気を集めるという事態はYouTubeに限られていません11月に投稿されたブログポストでは、FacebookのマークザッカーバーグCEOは次のように述べています。

誰にもチェックされない状態で放置された場合、人々はよりセンセーショナルで過激なコンテンツに偏ってエンゲージメントを高く持ってしまう、という点がソーシャルネットワークが抱えている最大の問題の1つだ。これは新しい現象ではない。今日のケーブルニュースでも広く見られる現象であり、100年以上にわたってタブロイド紙のメインのコンテンツとなってきた。大きなスケールでこれが起きると、公共の議論の質を下げ、両極化につながってしまう。

ブログポストでは、「どのようにコンテンツ(の投稿が許されるかどうかの過激レベル)のライン引きをしたとしても、コンテンツがそのラインに近づけば近づくほど、ユーザたちは平均してそのコンテンツに高いエンゲージメントを示すことになる。視聴した後にユーザたちこのコンテンツは好きじゃなかった、というような場合であってもだ」とFacebookによるリサーチの結果が説明されています。ザッカーバーグは次のグラフでそれを示しています。

190403_youtubegraph
Image: Facebook
取り締まるコンテンツの境界に近づくほど、エンゲージメントが高まることを示すグラフ。

YouTubeも例外ではなく、視聴者の認識も大事

YouTubeが定義する「過激なコンテンツ」がどのようなものなのかはわかりません。米Gizmodoのコメントを求めるリクエストには回答しませんでした。彼らが出している声明における過激なコンテンツとは、政治的な思想に関しての過激さに限られているのかもしれません。しかし、ほぼあらゆるプラットフォーム上で、ほぼあらゆる過激なコンテンツが成功を収めているわけです。YouTube上で過激な政治的コンテンツが例外的に失敗しているとは考えづらいでしょう。

Bloombergの記事には、ぞっとするような従業員による証言も引用されています。2018年前半のこと、YouTubeのスタッフの一人が、オルトライト(アメリカにおける新極右思想)のコンテンツがいかに人気を得ているかを示すために内部向けの動画カテゴリーを作ったそうです。「エンゲージメントに基づくと、オルトライト・カテゴリーは音楽、スポーツ、ゲームと同列に、もっとも人気なチャンネル群をなしていることがわかりました」とBloombergは報じています。YouTubeの声明の真意とは……?

誤った情報、有害なコンテンツ、プラットフォームにおける過激化といった問題に対処するためにはまず自身のメディアにおける現実を直視する必要があるでしょう。血が流れば視聴率が稼げると昔から言われるように、オーディエンスが過激なコンテンツから目を背けられないことは事実なわけです。

    あわせて読みたい

    powered by