4G通信に対応したLED蛍光灯型の防犯カメラ、5月31日から電車内に試験導入

  • 5,318

  • author 小暮ひさのり
4G通信に対応したLED蛍光灯型の防犯カメラ、5月31日から電車内に試験導入
Image: ソフトバンク

パット見ライトセーバー。

でも、LED蛍光灯です。しかもハイテクな。

ソフトバンクと東急電鉄は、車両内のセキュリティ向上を目的として、2019年5月31日(金)から4Gデータ通信機能を備えたLED蛍光灯一体型の防犯カメラ「IoTube(アイ・オー・チューブ)」を東急電鉄大井町線の車両に試験導入することを発表しました。

このIoTubeでは、内蔵された高画質カメラからの映像を、Wi-Fiや4G通信などで送信できます。これまでも車内用監視カメラはありましたが、トラブルでの映像確認の際には、電車の中のカメラから記録媒体を抜き取って、事務所に持ち帰ってパソコンで確認…という手順が必要でした。

一方でIoTubeでは、事務所内から遠隔で映像確認ができるそうな。これは、たしかに素早い対応ができそうですね。危険物・車内トラブルの素早い発見、乗客の安全確保へと繋がりそう。

190530sk01
Image: ソフトバンク

試験導入期間は2019年5月31日(金)~2019年6月30日(日)を予定。対象車両は、大井町線 6121編成2号車、9001編成2号車です。プライバシー保護として、防犯カメラを設置している車両であることを、ステッカーで車内に掲出。また、microSDへ保存された映像は約3日間で上書きされ、記録映像を閲覧できる社員も限定されるようです。

該当路線に乗られている方は、車両の照明をチェックしてみましょう。もしカメラユニットがついていれば、コレです。個人的には、Wi-Fiアクセスポイント名が気になります。

Source: ソフトバンク

    あわせて読みたい

    powered by