配達業界の悩み「ラスト・1マイル」を解決するのは、やっぱりロボット

配達業界の悩み「ラスト・1マイル」を解決するのは、やっぱりロボット
Image: Agility Robotics via Gizmodo US

アメリカのロボット企業Agility Roboticsが、Ford(フォード)との提携を発表しました。提携内容は、配達業務を請け負うロボット自動運転車

昨今、未来の配達業界を支える上で1番の課題と言われているのが「ラスト・1マイル」。最寄りの小規模倉庫から配達先のお家まで、ここをいかに無人化するかに宅配業界は注目しています。

今まで、Agility Roboticsは、配達車からお家までの「ラスト・50フィート」で活躍する運搬ロボット「Digit」の開発を行なっていました。今回Fordと連携し、無人の自動運転車とDigitがタッグを組むことで「ラスト・1マイル」が大きくステップアップできると考えます。

Video: Agility Robotics/YouTube

自動運転車に乗り込んだ(積まれた)ロボット、Digit。オンラインショッピングが増えれば触れるほど必要となる配達コストを抑えるためには、無人化を進めるしかないのです。しかし、Agility RoboticsとFordが提携したからといって、宅配の未来がすぐに訪れるわけではありません。

FordのCEO、Jim Hackett氏は「自動運転車の登場時期を過大評価していた」とコメントしており、実現にむけた問題は山積みかつ複雑であると、その難しさを語ってます。それでも、2021年までの自動運転車商業化と、年内の自動運転車100台をいう目標設定はそのままに邁進中ではあるのですが…。一方で、Agility Roboticsにも課題は多くあります。各種センサーがあって初めて、ロボットは世界を「見る」ことができます。センサーがなければ、道はまっすぐ平坦だ!という前提のもと進むしかないのがロボット。ただ、現実世界の複雑さは、センサーをもってしても難しい。ここでいう複雑さとは、たとえば段差や階段、玄関前に置かれた子どもの自転車や傘などの障害物。人間にとっては取るに足らないあれこれが、ロボットには大きな課題となるのです。

てことで、Agility Roboticsが公開した上の動画にあるような未来はあくまでも未来の姿。今まで企業が投資してきた費用や人材、時間を考えると、いつか必ず実現せねばならない(=後戻りできない)未来の姿です。でも、実際にこれを目にするのはそんなに近い将来ではないようです。

Source: Agility Robotics

    あわせて読みたい

    powered by